シーフコイダン

シーフコイダンとモズク

投稿日:

スーパーに置いてある、お馴染みのモズクは、強いヌメリがあります。酢の物に料理すると、ほのかな磯の香りがただよいます。モズクはなめらかな舌ざわりがここちよいのが特徴です。酢味噌や辛子味噌で食べてもおいしく、酒のつまみなどに喜ばれている食品です。モズクを沸騰した湯をかけると青色が変わります。
モズクは褐藻類モズク科の海藻です。地域によってモゾコ、モウゾコと呼ばれています。モズクは、粘り気がたくさんあります。よく見てみると糸状で複雑に分かれています。長さは30センチあったとしても、太さは元の部分で1ミリしかありません。モズクはホンダワラのような大きい海藻に付着しています。
モズクは、九州や本州の沿岸で、潮が引く一帯や低潮線などに見られます。春から夏にかけて、波が静かなところに自生しています。

このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - シーフコイダンとモズク この記事をクリップ!Livedoorクリップ - シーフコイダンとモズク Yahoo!ブックマークに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Googleブックマークに追加 FriendFeedで共有

-シーフコイダン

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

イトモズクとオキナワモズク

オキナワモズクが、国内流通の90%以上になっています。不思議なことに、分類学的にはイトモズクとオキナワモズクは同じ種類のものとされています。違いは生態的特長に違いがありますが、イトモズクは、九州より北 …

no image

シーフコイダンとモズクの分解

モズクを食べれば、シーフコイダンを飲む必要ないと思われている方も多いようです。抽出したフコイダンを飲むのではなく、もずくを食事でとればいいと思われる方もいます。たとえば沖縄モズクは、日本国内で食用の生 …

no image

良いフコイダンとオキナワモズク

良質なフコイダンには、さらに必要な条件があるそうです。それは原料のモズクに秘密があるそうです。モズクには、たくさんの種類があることはご存知だと思いますが、モズクは、日本国内では東北から沖縄までの日本海 …

no image

シーフコイダンと液状フコイダン

固体状のフコイダンよりも、分子量が小さい液体状フコイダンの方が3倍以上吸収しやすいといわれています。また、液体状フコイダンの方が早くからだのなかに吸収されやすいそうです。固体状のフコイダンはどうしても …

no image

固体状のフコイダンと添加物

一般的に液体のものを、さらさらの粉末にしたり、錠剤にしたりする工程の中では、かならず添加物が加えられます。たとえば錠剤のものを作るときには結合剤、滑剤、光沢剤が使われます。粉末状の材料に粘り気を持たせ …