シーフコイダン

シーフコイダンとモズク

投稿日:

スーパーに置いてある、お馴染みのモズクは、強いヌメリがあります。酢の物に料理すると、ほのかな磯の香りがただよいます。モズクはなめらかな舌ざわりがここちよいのが特徴です。酢味噌や辛子味噌で食べてもおいしく、酒のつまみなどに喜ばれている食品です。モズクを沸騰した湯をかけると青色が変わります。
モズクは褐藻類モズク科の海藻です。地域によってモゾコ、モウゾコと呼ばれています。モズクは、粘り気がたくさんあります。よく見てみると糸状で複雑に分かれています。長さは30センチあったとしても、太さは元の部分で1ミリしかありません。モズクはホンダワラのような大きい海藻に付着しています。
モズクは、九州や本州の沿岸で、潮が引く一帯や低潮線などに見られます。春から夏にかけて、波が静かなところに自生しています。

このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - シーフコイダンとモズク この記事をクリップ!Livedoorクリップ - シーフコイダンとモズク Yahoo!ブックマークに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Googleブックマークに追加 FriendFeedで共有

-シーフコイダン

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

低分子フコイダンとシーフコイダン

低分子化されていると吸収率を高めます。トンガ産モズクは、高純度のフコイダンが含まれていますが、ほとんど体の外にそのまま出ていってしまいます。胃腸の弱い人や高齢の方も、簡単に胃腸から吸収できないと意味が …

no image

イトモズクとオキナワモズク

オキナワモズクが、国内流通の90%以上になっています。不思議なことに、分類学的にはイトモズクとオキナワモズクは同じ種類のものとされています。違いは生態的特長に違いがありますが、イトモズクは、九州より北 …

no image

シーフコイダンとは

フコイダンは、モズクやコンブのヌルヌル成分のことですが、ヌルヌル成分のなかに、海藻から抽出される硫酸アミノ多糖類が含まれていますが、その硫酸アミノ多糖類の総称がフコイダンと言われています。 フコイダン …

no image

シーフコイダンの製品化

シーフコイダンの製品化の過程を説明します。まず、ダイバーが海から取ってきたモズクは、すぐに現地で加工されます。それから、新鮮なモズクが日本へと送られます。日本の工場で、フコイダンと呼ばれるモズクエキス …

no image

トンガ王国産モズク

トンガ王国は南太平洋に位置する珊瑚礁の島です。トンガ王国のまわりの海の水は、世界で2番目に深い海溝とであるトンガ海溝から湧き出ています。海洋深層水なので、水質汚染はありませんし、最高に良質なミネラルを …