がんの効果

フコイダンとガン治療

投稿日:

アポトーシスが関係している病気には、ガン、ウイルス感染、エイズ、神経変性疾患、骨髄異形成疾患があります。エイズや神経変性疾患などはアポトーシスが増加することで起こります。
ガンやウイルス感染などはアポトーシスが減少することで起こります。これらの病気は、本来ならばアポトーシスが起こらないといけないときに起こらなかったり、アポトーシスが起こってはいけないときに起こってしまっています。つまり、アポトーシス機能のバランスが崩れてしまっています。
ガン細胞はアポトーシスが効かなくなった細胞です。アポトーシスが効かなくなった細胞をそのままにすると、同じような異常細胞を、細胞分裂によって増殖させてしまうことになります。
フコイダンは、この細胞のアポトーシス機能を引きだしてくれます。フコイダンは、ガンに効果的な代替医療なる可能性があると思います。

このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - フコイダンとガン治療 この記事をクリップ!Livedoorクリップ - フコイダンとガン治療 Yahoo!ブックマークに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Googleブックマークに追加 FriendFeedで共有

-がんの効果

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

フコイダンとD-フラクション

D-フラクションは、まいたけの中に含まれる成分です。β-グルカンは、ほとんどのキノコ類に含まれている多糖類ですが、β-グルカンを熱水抽出して、タンパク質と結合させたまいたけの有用成分がD-フラクション …

no image

フコイダンと直接接触

フコイダンは、患部に直接、接触しないと効果は期待できないそうです。たとえば、大腸がんや胃がん、食道がん、咽頭癌、舌癌などは、フコイダンを直接的に患部に接触させることが可能なので効果は期待できるそうです …

no image

フコイダンとガン

フコイダンは、モズクやワカメ、コンブなどの褐藻類などのヌルヌル成分のなかに含まれる多糖類をいいます。ヌルヌル成分のなかのアルギン酸には、コレステロール吸収抑制作用やラミニンの血圧降下作用があります。 …

no image

フコイダンによる癌細胞初期休眠療法

フコイダンが、患部までたどり着いてくれさえすれば、あとは勝手にアポトーシスを引き起こしてくれますので、フコイダンがたどり着きやすい場所かどうかを確認します。腫瘍の大きさや、現在のガンのステージレベルに …

no image

フコイダンとの接触治療

フコイダンは、直接的にガン細胞の患部に接触しないと効果がないといわれていました。喉頭癌、舌癌、食道癌、胃癌、大腸癌などの直接、フコダインが触れる部分においては効果があることが検証されています。 それで …