がんの効果

フコイダンと肺ガン

投稿日:

有名な医学博士の吉田年宏先生が、実際に、最初にフコイダンを処方して、ガン細胞が改善された患者さんは肺ガンの方でした。肺ガンは消化器系ではありません。フコイダンは直接患部に触れなくても、効果があることを実証されたと思います。
フコイダンをその患者さんに投与しているときは、抗ガン剤治療やその他の治療法をしていませんでした。フコイダンを投与して、腫瘍マーカーの値が下がりました。腫瘍が小さくなっていました。フコイダンが、胃腸から吸収されて、血管を通って患部に届き、ガン細胞を死滅させたと考えられます。
吉田年宏先生の経験によりますと、112人の末期ガン患者さんを対象に、フコイダン治療を行なった結果、2週間から1ヶ月の間に、100%近い癌腫瘍マーカーの低下とLDHなどの低下が認められました。この結果、フコイダンはガンに作用しているものと思われます。

このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - フコイダンと肺ガン この記事をクリップ!Livedoorクリップ - フコイダンと肺ガン Yahoo!ブックマークに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Googleブックマークに追加 FriendFeedで共有

-がんの効果

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

フコイダンとガン

フコイダンは、モズクやワカメ、コンブなどの褐藻類などのヌルヌル成分のなかに含まれる多糖類をいいます。ヌルヌル成分のなかのアルギン酸には、コレステロール吸収抑制作用やラミニンの血圧降下作用があります。 …

no image

フコイダンとAHCC

AHCCとは、Active(活性化)Hexose(六炭糖)Correlated(関連)Compound(化合物)の頭文字をとったものです。AHCCはシイタケ、シメジタケ、スエヒロタケ等々のキノコの担子 …

no image

フコイダンとがん細胞

フコイダンとがん細胞の関係は、1996年に開催された、第55回日本癌学会総会で、フコイダンは、免疫力を高めますが、それだけでなく、がん細胞などの異常細胞に直接作用して、がん細胞を自滅に追い込む、いわゆ …

no image

フコイダンとアポトーシス誘導作用

フコイダンというと、アポトーシス誘導作用で有名です。アポトーシス誘導作用というのは、古い細胞がお役がすんだので、次の若い細胞へバトンタッチする為に自滅していくことをいいます。そうしながら、古い細胞は、 …

no image

フコイダンと抗ガン剤

現在のガン治療法は手術や放射線、化学療法が中心となっています。この三大療法は免疫力をたいへん低下させています。私は病気の原因は生活習慣によるものだと思っています。しかし、直接の病気の引き金は免疫力の低 …