科学的効果

高分子フコイダンと低分子フコイダン

投稿日:

高分子フコイダンと低分子フコイダンがどちらが効果がるのか、マウスによる経口投与の実験結果があります。経口投与とはマウスの口からスポイトでフコイダンを飲ませます。マウスに2.0gの癌細胞を移植します。そのマウスに高分子フコイダン、低分子フコイダンそして蒸留水を4週間飲ませる実験です。
フコイダンの量、30μg/2mlと60μg/2mlを毎日マウスに与えます。フコイダンを与えなかったマウスは、4週間後には腫瘍の重量が2.30gになりました。低分子フコイダン30μg あげたマウスは1.46gになりました。高分子フコイダン30μg あげたマウスは0.65gになりました。同じように60μgでは、低分子フコイダンでは1.66g、高分子フコイダンでは0.14gに縮小しました。この結果から、高分子フコイダンの方が、腫瘍増殖抑制率、アポトーシス効果が高いということが分かりました。

このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 高分子フコイダンと低分子フコイダン この記事をクリップ!Livedoorクリップ - 高分子フコイダンと低分子フコイダン Yahoo!ブックマークに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Googleブックマークに追加 FriendFeedで共有

-科学的効果

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

フコイダンと硫酸基の結合

フコイダンの硫酸基とは硫酸の元になっている物質ですが、硫酸が劇薬であるのに対して硫酸基単体ではまったく無害の物質。特質として、ヌルヌル状の状態をつくり出します。 フコイダンの硫酸基の結合とは、フコース …

no image

フコイダンと吸収率

体内の吸収率が悪ければ、たとえ良質のフコイダンを飲用したとしても、患部や腫瘍にフコイダンが届くことができないわけですから、飲用している意味がありません。患者さんのほとんどが、病気と戦うことで、体力は消 …

no image

フコイダンとフコース

フコース(fucose)の名前の由来は、ヒバマタという海藻の細胞壁多糖類であり、コンブやワカメ、モズクのネバネバ成分として有名なフコイダンで発見されたので、フコースと呼ばれています。 フコース(fuc …

no image

フコイダンと日本近海の硫酸基

硫酸基とは硫酸の元になっている物質です。硫酸は劇薬ですが、硫酸基単体では無害の物質です。硫酸基は、フコイダンのヌルヌルのもとになる成分です。硫酸基の結合量は、品質のいいフコイダンがどうかを判断する条件 …

no image

フコイダンと人間の消化のメカニズム

フコイダンと呼ばれる製品はたくさんありますが、すべての製品が、身体に良いかということができません。じつはほとんどの製品に使われているフコイダンは、人間の身体のなかに吸収されることなく、実に95%以上が …