シーフコイダン

シーフコイダンとは

投稿日:

フコイダンは、モズクやコンブのヌルヌル成分のことですが、ヌルヌル成分のなかに、海藻から抽出される硫酸アミノ多糖類が含まれていますが、その硫酸アミノ多糖類の総称がフコイダンと言われています。
フコイダンは健康によく、美容にもよいことはわかっているのですが、フコイダンだけだと、人間の体への吸収力が弱いことはわかっています。
フコイダンは、海藻のなかの独特の成分ですが、人の体の中には、残念ながら、海藻成分を分解する酵素がありません。フコイダンが体にいいということがわかっていても、フコイダンを体内に吸収されるのがむずかしく、体内に吸収する形になるのが大変難しくなっています。
シーフコイダンでは、天然モズクより抽出したフコイダン成分を海のアワビの酵素を使い分解することで、超低分子化に成功しています。

このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - シーフコイダンとは この記事をクリップ!Livedoorクリップ - シーフコイダンとは Yahoo!ブックマークに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Googleブックマークに追加 FriendFeedで共有

-シーフコイダン

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

シーフコイダンと低分子フコイダン

低分子フコイダンがなぜいいかというと、からだがフコイダンを消化するためには、分子量が小さくなくてはならないということです。つまり、からだへの吸収力を大幅にアップしたものが超低分子フコイダンであるシーフ …

no image

フコイダンとモズクに必要な三大条件

研究者たちは、より良質のフコイダンを探すために海外に目を向けました。世界中を調査して、汚染の少ない地域や海水のもっとも汚れていない地域を探しただした結果、南太平洋が選ばれました。そして、南太平洋のなか …

no image

液体状のフコイダンと固体状のフコイダン

フコイダン製品の形状は、液体だけでなく粉末のものやカプセルに入ったものや錠剤になったものなど、いろいろな種類があります。たとえば、錠剤など固体状のフコイダンは持ち運びに大変便利です。また、一度開封して …

no image

シーフコイダンと液状フコイダン

固体状のフコイダンよりも、分子量が小さい液体状フコイダンの方が3倍以上吸収しやすいといわれています。また、液体状フコイダンの方が早くからだのなかに吸収されやすいそうです。固体状のフコイダンはどうしても …

no image

トンガ王国産モズク

トンガ王国は南太平洋に位置する珊瑚礁の島です。トンガ王国のまわりの海の水は、世界で2番目に深い海溝とであるトンガ海溝から湧き出ています。海洋深層水なので、水質汚染はありませんし、最高に良質なミネラルを …