フコイダン療法

フコイダン療法とがんの効果

投稿日:

フコイダン療法で、がんの効果はどうかというと、医学博士である吉田年宏先生の今までの経験では、フコイダン治療で、末期がん患者112人に行なった結果では、2週間から1ヶ月の間で、100%に近い癌腫瘍マーカーが低下したそうです。
腫瘍マーカーは、癌細胞に存在する特異的な蛋白を調べる血液検査ですが、現在、数多くの種類が発表されていて、癌細胞を調べるのに非常に有効な手段になっています。
その他LDHなどの低下を認められたということです。これから、フコイダンが癌に作用していることは確実だそうです。
これまでの症例を見る限り、臓器内腫瘍に限って言えばかなりの確率で消失が認められる、と確信しています。フコイダンが血管を通って腫瘍にいくわけですから、血管が通っているところであれば、間違いなく癌細胞に対するアポトーシス誘導を起こすと考えられます。

このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - フコイダン療法とがんの効果 この記事をクリップ!Livedoorクリップ - フコイダン療法とがんの効果 Yahoo!ブックマークに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Googleブックマークに追加 FriendFeedで共有

-フコイダン療法

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

フコイダンの効能

アポトーシス誘導作用は、通常の正常細胞が古くなった場合に、古くなった細胞に自滅スイッチが入って、新しい細胞との生まれ変わりが起こってしまいます。これがアポトーシスです。 ガン細胞は異常が蓄積することに …

no image

フコイダン治療法の特長

フコイダン治療法の特長として、西洋医学を柱にしています。他の健康食品は使いません。フコイダンだけの治療を行なっています。いろいろな治療法を、平行して行なうと、何を強化して、何を少なくすればいいのか判断 …

no image

フコイダンと代替医療

最近では、代替医療が注目されつつあります。代替医療についてはいろいろ言われていますが、基本的には、西洋医学の領域に属さない療法を総称したものであると言えそうです。 代替医療といえば、よく知られている漢 …

no image

フコダインとアポトーシス

アポトーシスとは、アポトーシス生物のすべての細胞は、自分自身の細胞が異常な状態になったり、年を重ねて老化したりしますと、自ら自滅するための命令を出すことのできる遺伝子を内包しています。その遺伝子の出す …

no image

フコイダンと西洋医学の限界

がんの治療法は手術や放射線、化学療法が中心となっています。これらはいわゆる西洋医学的療法と呼ばれているものですが、これ以外の療法を代替療法や補完療法と呼ばれています。フコイダンも代替療法や補完療法の一 …