科学的効果

フコイダンと日本近海の硫酸基

投稿日:

硫酸基とは硫酸の元になっている物質です。硫酸は劇薬ですが、硫酸基単体では無害の物質です。硫酸基は、フコイダンのヌルヌルのもとになる成分です。硫酸基の結合量は、品質のいいフコイダンがどうかを判断する条件のひとつになっています。
フコイダンが体内で生理活性を発揮するために必要な硫酸基の結合量は、これまでの研究発表によりますと、結合量13%以上とされていますが、日本近海で収穫される原料を元にしたフコイダン製品のほとんどが、硫酸基の結合量は10%ぐらいしかないのが現実です。
どうして10%ぐらいしかないのかというと、海藻が成長する環境に原因があるようです。フコイダンの原料となる海藻に、重金属などの化学物質が含まれているなら、抽出過程で、これらを取り出さなければいけません。そのときに、硫酸基を失ってしまいます。

このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - フコイダンと日本近海の硫酸基 この記事をクリップ!Livedoorクリップ - フコイダンと日本近海の硫酸基 Yahoo!ブックマークに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Googleブックマークに追加 FriendFeedで共有

-科学的効果

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

フコイダンの生理活性

フコイダンとはL-フコースが特殊な状態で連鎖し多糖体の状態になったものを、フコイダンといいます。生理活性とはその物の持つ特殊な働きのことを指します。 単糖2分子がグリコシド結合により1分子となったもの …

no image

フコイダンの吸収

腸に送られたフコイダンの一部は、腸の表面近くにM細胞という細胞があって、このM細胞で吸収されます。フコイダンは高分子であるために、M細胞にとって、フコイダンは異物とみなされてしまい、吸収されてしまいま …

no image

フコイダンと貝類の酵素

単純にモズクや昆布などを、きちんと加工されていないフコイダンを摂取しても、ほとんど吸収されずに、からだの外に排出されてしまうということになりますが、自然界にはモズクや昆布を食べている生物が存在していま …

no image

フコイダンと硫酸基

フコイダン(fucoidan)と言う物質そのものは、100年近くも前に発見されていました。そのフコイダンの構造が多糖類として非常に複雑に絡み合い、分析する事が大変難しい存在だったのです。 何故難しいか …

no image

フコイダンと硫酸化フコース

硫酸化フコース(L-フコース)が、2-0-硫酸化フコース、3-0-硫酸化フコース、4-0-硫酸化フコースの状態になり結びつき「3繰り返し単位」で連鎖し分子体になります。その分子量は数千~数百万、数千万 …