科学的効果

フコイダンと日本近海の硫酸基

投稿日:

硫酸基とは硫酸の元になっている物質です。硫酸は劇薬ですが、硫酸基単体では無害の物質です。硫酸基は、フコイダンのヌルヌルのもとになる成分です。硫酸基の結合量は、品質のいいフコイダンがどうかを判断する条件のひとつになっています。
フコイダンが体内で生理活性を発揮するために必要な硫酸基の結合量は、これまでの研究発表によりますと、結合量13%以上とされていますが、日本近海で収穫される原料を元にしたフコイダン製品のほとんどが、硫酸基の結合量は10%ぐらいしかないのが現実です。
どうして10%ぐらいしかないのかというと、海藻が成長する環境に原因があるようです。フコイダンの原料となる海藻に、重金属などの化学物質が含まれているなら、抽出過程で、これらを取り出さなければいけません。そのときに、硫酸基を失ってしまいます。

このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - フコイダンと日本近海の硫酸基 この記事をクリップ!Livedoorクリップ - フコイダンと日本近海の硫酸基 Yahoo!ブックマークに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Googleブックマークに追加 FriendFeedで共有

-科学的効果

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

フコイダンとβ-D-グルカン

「β-D-グルカン1-3」「β-D-グルカン1-6」は、体内の免疫力の活性、つまり、からだの中に存在する免疫細胞を強化するという作用が知られています。 「β-D-グルカン」は、まるで単一の多糖体を指し …

no image

フコイダンの硫酸基結合

フコイダンの硫酸基の結合が13%以上という規格は何を意味しているのでしょうか。フコイダンとはフコース、ガラクトース、マンノース、キシロース、グルクロン酸、アルギン酸等々10個以上の単糖がたくさん集まっ …

no image

フコイダンと硫酸基の結合

フコイダンの硫酸基とは硫酸の元になっている物質ですが、硫酸が劇薬であるのに対して硫酸基単体ではまったく無害の物質。特質として、ヌルヌル状の状態をつくり出します。 フコイダンの硫酸基の結合とは、フコース …

no image

フコイダンと硫酸化フコース

硫酸化フコース(L-フコース)が、2-0-硫酸化フコース、3-0-硫酸化フコース、4-0-硫酸化フコースの状態になり結びつき「3繰り返し単位」で連鎖し分子体になります。その分子量は数千~数百万、数千万 …

no image

フコイダンと糖鎖の機能

糖鎖は、60兆もの細胞を統一して、一個の生命システム全体の為にきちんと機能していくのに欠かせないものです。そして、糖鎖は細胞についているばかりではなく、じつは体内の蛋白質にも存在しています。蛋白質とと …