がんの効果

アガリクスとβ-D-グルカン

投稿日:

アガリクスに含まれる「β-D-グルカン」には、免疫賦活作用という免疫のはたらきを強力に向上させる働きがあって、副作用が少なく、人間の自然治癒力や免疫力を活性化させることができます。
要するに「β-D-グルカン」は、ナチュラルキラー細胞やマクロファージ、Bリンパ球などの免疫細胞の力をさらに強力にして、ガン細胞をやっつけようというものです。ですから「β-D-グルカン」は、ガン細胞に直接に働きかけいません。免疫細胞を強力にすることによって間接的に働いています。
アガリクスに含まれる「β-D-グルカン」は、単に、免疫細胞を応援しているだけですが、これはこれで大変すごいことだと思います。現にアガリクスを飲用して、多くの病気が治ったという体験談があります。

このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - アガリクスとβ-D-グルカン この記事をクリップ!Livedoorクリップ - アガリクスとβ-D-グルカン Yahoo!ブックマークに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Googleブックマークに追加 FriendFeedで共有

-がんの効果

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

フコイダンと免疫賦活作用

フコイダンは、アガリクスやメシマコブ、そのほかのキノコと同じように、免疫賦活作用、すなわち、免疫細胞を活性化させて、免疫力を強くさせるのに強い働きがあることがわかっています。 フコイダンとアガリクスや …

no image

フコイダンによる癌細胞初期休眠療法

フコイダンが、患部までたどり着いてくれさえすれば、あとは勝手にアポトーシスを引き起こしてくれますので、フコイダンがたどり着きやすい場所かどうかを確認します。腫瘍の大きさや、現在のガンのステージレベルに …

no image

フコイダンとアポトーシス誘導作用

フコイダンというと、アポトーシス誘導作用で有名です。アポトーシス誘導作用というのは、古い細胞がお役がすんだので、次の若い細胞へバトンタッチする為に自滅していくことをいいます。そうしながら、古い細胞は、 …

no image

フコイダンとアポトーシス作用実例

あるお医者さんの話によりますとフコイダンを処方して、改善された肺がんの患者さんがいらっしゃるということです。このかたの症状によると、フコイダンがよく吸収されて、患部にアポトーシス作用があらわれて、がん …

no image

フコイダンとガン細胞の血管新生

フコイダンは、免疫力の強化とガン細胞を消滅させる働きがあるアポトーシス作用があり、アガリクスなどのキノコ類の働きを超えてしまいますが、それ以外にも、新生血管抑制作用という大きな作用があります。 ガン細 …