科学的効果

フコイダンの吸収

投稿日:

腸に送られたフコイダンの一部は、腸の表面近くにM細胞という細胞があって、このM細胞で吸収されます。フコイダンは高分子であるために、M細胞にとって、フコイダンは異物とみなされてしまい、吸収されてしまいます。M細胞は異物を積極的に吸収する役割を持っています。
M細胞がフコイダンを吸収すると、その情報はM細胞の下にあるパイエル板という免疫司令塔に送られます。パイエル板から免疫を任されている細胞に攻撃命令が出されてしまいます。人間の体は、異物が入ると、異物に対する注意が喚起されます。そのことにより、全身の免疫力が高まるしくみになっています。
これまでの考え方では、水溶性食物繊維のフコイダンは腸では吸収されないで、便といっしょに排出されるということでしたが、最近の研究報告では、フコイダンは高分子なので、M細胞に吸収されて、人間の体内にある免疫力に影響を与えることがわかってきました。

このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - フコイダンの吸収 この記事をクリップ!Livedoorクリップ - フコイダンの吸収 Yahoo!ブックマークに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Googleブックマークに追加 FriendFeedで共有

-科学的効果

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

フコイダンとβ-D-グルカン

「β-D-グルカン1-3」「β-D-グルカン1-6」は、体内の免疫力の活性、つまり、からだの中に存在する免疫細胞を強化するという作用が知られています。 「β-D-グルカン」は、まるで単一の多糖体を指し …

no image

高分子フコイダンと低分子フコイダン

高分子フコイダンと低分子フコイダンがどちらが効果がるのか、マウスによる経口投与の実験結果があります。経口投与とはマウスの口からスポイトでフコイダンを飲ませます。マウスに2.0gの癌細胞を移植します。そ …

no image

フコイダンと糖鎖の機能

糖鎖は、60兆もの細胞を統一して、一個の生命システム全体の為にきちんと機能していくのに欠かせないものです。そして、糖鎖は細胞についているばかりではなく、じつは体内の蛋白質にも存在しています。蛋白質とと …

no image

フコイダンと硫酸基

フコイダン(fucoidan)と言う物質そのものは、100年近くも前に発見されていました。そのフコイダンの構造が多糖類として非常に複雑に絡み合い、分析する事が大変難しい存在だったのです。 何故難しいか …

no image

フコイダンと化学的構造

フコイダンはアポトーシスを持ち、がんに対して効果があるのではないかと、世界中の科学者に注目されています。その注目のフコイダンとはどんな成分で、どのような構造なのでしょうか。フコイダンは、モズクやコンブ …