がんの効果

フコイダンとAHCC

投稿日:

AHCCとは、Active(活性化)Hexose(六炭糖)Correlated(関連)Compound(化合物)の頭文字をとったものです。AHCCはシイタケ、シメジタケ、スエヒロタケ等々のキノコの担子菌を培養することでとれる菌糸体抽出物が原料です。つまりAHCCは「活性ヘミセルロース」や「β-D-グルカン(1→3)」のような多糖類がたくさん含まれている担子菌を液体大量培養して得られる菌子体抽出物です。
「AHCC研究会」は、日本のいくつかの研究機関と医療機関が共同で発足していますが、AHCC研究会がAHCCの薬理作用の解明、有用性などの評価を行い、毎年、基礎、臨床の研究結果が報告されます。
AHCCには、ナチュナルキラー細胞活性賦活作用、インターロイキン-1、2、12産生促進作用、好中球、マクロファージの活性化作用、インターフェロンα産生増強作用があるという報告があります。

このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - フコイダンとAHCC この記事をクリップ!Livedoorクリップ - フコイダンとAHCC Yahoo!ブックマークに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Googleブックマークに追加 FriendFeedで共有

-がんの効果

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

フコイダンとアポトーシス誘導作用

フコイダンというと、アポトーシス誘導作用で有名です。アポトーシス誘導作用というのは、古い細胞がお役がすんだので、次の若い細胞へバトンタッチする為に自滅していくことをいいます。そうしながら、古い細胞は、 …

no image

フコイダンとアポトーシス作用実例

あるお医者さんの話によりますとフコイダンを処方して、改善された肺がんの患者さんがいらっしゃるということです。このかたの症状によると、フコイダンがよく吸収されて、患部にアポトーシス作用があらわれて、がん …

no image

フコイダンとD-フラクション

D-フラクションは、まいたけの中に含まれる成分です。β-グルカンは、ほとんどのキノコ類に含まれている多糖類ですが、β-グルカンを熱水抽出して、タンパク質と結合させたまいたけの有用成分がD-フラクション …

no image

フコイダンによる癌細胞初期休眠療法

フコイダンが、患部までたどり着いてくれさえすれば、あとは勝手にアポトーシスを引き起こしてくれますので、フコイダンがたどり着きやすい場所かどうかを確認します。腫瘍の大きさや、現在のガンのステージレベルに …

no image

フコイダンとアポトーシス

人間のからだは、60兆個の細胞で構成されています。60兆個の細胞は新陳代謝によって常に新しい細胞が作られ、古い細胞が死んでいきます。細胞が新しい細胞に入れ替わることで、60兆個の細胞が保たれています。 …