がんの効果

フコイダンとAHCC

投稿日:

AHCCとは、Active(活性化)Hexose(六炭糖)Correlated(関連)Compound(化合物)の頭文字をとったものです。AHCCはシイタケ、シメジタケ、スエヒロタケ等々のキノコの担子菌を培養することでとれる菌糸体抽出物が原料です。つまりAHCCは「活性ヘミセルロース」や「β-D-グルカン(1→3)」のような多糖類がたくさん含まれている担子菌を液体大量培養して得られる菌子体抽出物です。
「AHCC研究会」は、日本のいくつかの研究機関と医療機関が共同で発足していますが、AHCC研究会がAHCCの薬理作用の解明、有用性などの評価を行い、毎年、基礎、臨床の研究結果が報告されます。
AHCCには、ナチュナルキラー細胞活性賦活作用、インターロイキン-1、2、12産生促進作用、好中球、マクロファージの活性化作用、インターフェロンα産生増強作用があるという報告があります。

このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - フコイダンとAHCC この記事をクリップ!Livedoorクリップ - フコイダンとAHCC Yahoo!ブックマークに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Googleブックマークに追加 FriendFeedで共有

-がんの効果

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

フコイダンとがん治療

フコイダンや健康食品に対しては、欧米や日本の専門的な科学者さんによって、しっかりと研究が進められています。実際に、フコイダンはじめ健康食品を飲用したがん患者さんの結果が、いい結果として実証されている例 …

no image

フコイダンとアポトーシス

人間のからだは、60兆個の細胞で構成されています。60兆個の細胞は新陳代謝によって常に新しい細胞が作られ、古い細胞が死んでいきます。細胞が新しい細胞に入れ替わることで、60兆個の細胞が保たれています。 …

no image

フコイダンと肺ガン

有名な医学博士の吉田年宏先生が、実際に、最初にフコイダンを処方して、ガン細胞が改善された患者さんは肺ガンの方でした。肺ガンは消化器系ではありません。フコイダンは直接患部に触れなくても、効果があることを …

no image

フコイダンとガン細胞の血管新生

フコイダンは、免疫力の強化とガン細胞を消滅させる働きがあるアポトーシス作用があり、アガリクスなどのキノコ類の働きを超えてしまいますが、それ以外にも、新生血管抑制作用という大きな作用があります。 ガン細 …

no image

フコイダンとの接触治療

フコイダンは、直接的にガン細胞の患部に接触しないと効果がないといわれていました。喉頭癌、舌癌、食道癌、胃癌、大腸癌などの直接、フコダインが触れる部分においては効果があることが検証されています。 それで …