科学的効果

フコイダンと硫酸基

投稿日:

フコイダン(fucoidan)と言う物質そのものは、100年近くも前に発見されていました。そのフコイダンの構造が多糖類として非常に複雑に絡み合い、分析する事が大変難しい存在だったのです。
何故難しいかと言いますと、フコイダンの成分は他の多糖類とは大きく異なり「硫酸基」という成分を多く持っているからです。これがフコイダンの大きな特徴です。
硫酸基とは皆さんもご存じの劇薬「硫酸」の元になるものですが、硫酸基単体ではまったく無害な物質です。硫酸基は単体での特質としてヌルヌル状の状態を作り出したりする事があげられます。
フコイダンはこのように「硫酸基と結合している多糖類」という大きな特徴を持っているです。これらフコイダンが含まれる海藻褐藻類のカロテノイド色素にはフコキサンチン・フコキサンチノールという物質が存在しています。

このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - フコイダンと硫酸基 この記事をクリップ!Livedoorクリップ - フコイダンと硫酸基 Yahoo!ブックマークに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Googleブックマークに追加 FriendFeedで共有

-科学的効果

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

フコイダンと貝類の酵素

単純にモズクや昆布などを、きちんと加工されていないフコイダンを摂取しても、ほとんど吸収されずに、からだの外に排出されてしまうということになりますが、自然界にはモズクや昆布を食べている生物が存在していま …

no image

フコイダンと人間の消化のメカニズム

フコイダンと呼ばれる製品はたくさんありますが、すべての製品が、身体に良いかということができません。じつはほとんどの製品に使われているフコイダンは、人間の身体のなかに吸収されることなく、実に95%以上が …

no image

フコイダンの吸収

腸に送られたフコイダンの一部は、腸の表面近くにM細胞という細胞があって、このM細胞で吸収されます。フコイダンは高分子であるために、M細胞にとって、フコイダンは異物とみなされてしまい、吸収されてしまいま …

no image

フコイダンとβ-D-グルカン

「β-D-グルカン1-3」「β-D-グルカン1-6」は、体内の免疫力の活性、つまり、からだの中に存在する免疫細胞を強化するという作用が知られています。 「β-D-グルカン」は、まるで単一の多糖体を指し …

no image

フコイダンと硫酸基の結合

フコイダンの硫酸基とは硫酸の元になっている物質ですが、硫酸が劇薬であるのに対して硫酸基単体ではまったく無害の物質。特質として、ヌルヌル状の状態をつくり出します。 フコイダンの硫酸基の結合とは、フコース …