フコイダン療法

フコダインとアポトーシス

投稿日:

アポトーシスとは、アポトーシス生物のすべての細胞は、自分自身の細胞が異常な状態になったり、年を重ねて老化したりしますと、自ら自滅するための命令を出すことのできる遺伝子を内包しています。その遺伝子の出す自滅の命令を受けることで、自分自身の細胞が自滅していくことをアポトーシスというわけです。
アポトーシスとは、ギリシャ語でいうと、秋に枯葉が落ちる状態を意味しているそうです。秋に枯葉が落ちていくのも、カエルの子供のオタマジャクシの尻尾が自然と退化していくことや、オタマジャクシにあった指の間の水かきがなくなって一本一本の指が独立していくことも、すべて細胞のアポトーシスによって起こる現象です。
細胞のアポトーシスは、正常細胞でも常に起こっている現象です。悪い細胞や古い細胞が死んでいき、新しい細胞が生まれてくるという循環することによって、健康な状態が保たれています。

このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - フコダインとアポトーシス この記事をクリップ!Livedoorクリップ - フコダインとアポトーシス Yahoo!ブックマークに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Googleブックマークに追加 FriendFeedで共有

-フコイダン療法

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

フコイダンと代替医療と西洋医学

フコイダンは、抗がん剤で抑制するのではなく、がん細胞を死滅させてしまいます。厳密にいうと、アポトーシスに陥った細胞は収縮していきます。核も濃縮され断片化していきます。断片化した核は、細胞膜に包まれたア …

no image

アガリクスとフコイダン

アガリクス(Agaricus)とは、ブラジル南東部の山地を原産地とするハラタケ科ハラタケ属のキノコヒメマツタケの俗称です。学名を「アガリクス・ブラゼイ・ムリル」といいます。傘のかたち、色はマッシュルー …

no image

フコイダン治療法の特長

フコイダン治療法の特長として、西洋医学を柱にしています。他の健康食品は使いません。フコイダンだけの治療を行なっています。いろいろな治療法を、平行して行なうと、何を強化して、何を少なくすればいいのか判断 …

no image

フコイダンの効能

アポトーシス誘導作用は、通常の正常細胞が古くなった場合に、古くなった細胞に自滅スイッチが入って、新しい細胞との生まれ変わりが起こってしまいます。これがアポトーシスです。 ガン細胞は異常が蓄積することに …

no image

フコイダンの効果

フコイダンは、アガリクスなどと同じように、正常細胞を強くします。この作用にもっと効果が期待できるのです。アガリクスと違うのは、直接、ガン細胞に働きかけ、ガン細胞をアポトーシスする作用が大変強いというこ …