フコイダン

超低分子フコイダン

投稿日:

特殊な技術を使って、20万もある分子の大きさのフコイダンを、分子の500という大きさの分子にしました。小さな低分子、超低分子のフコイダンになりました。超低分子のフコイダンは、吸収率が高くなっています。
人間が吸収する分子の大きさは3000~4000で、その大きさの6分の1になりました。一般的な高分子のフコイダンに比べ、5倍以上の吸収力があります。
人間が吸収できる分子の大きさより小さく、スムーズに体内に吸収されていきます。吸収力がいいとフコイダンの生理活性が発揮できます。フコイダン自体、金額的にも安くありません。同じフコイダンなら、多くのフコイダン成分が人間の体内に吸収されないと意味がなくなります。
吸収力に優れた超低分子フコイダンは、小腸から吸収される血液を通して、体全体をめぐります。そして、はじめてフコイダンの生理活性がはじまります。

このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 超低分子フコイダン この記事をクリップ!Livedoorクリップ - 超低分子フコイダン Yahoo!ブックマークに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Googleブックマークに追加 FriendFeedで共有

-フコイダン

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

フコイダンと海藻

海藻のなかには、ビタミンやミネラルをたっぷり含まれています。特に、海藻のなかにはヨウ素が多く含まれています。日本人が、ヨウ素不足にならないのは、海藻を摂取しているといわれています。ヨウ素は甲状腺ホルモ …

no image

フコイダンとモズク

海藻を食べることで フコイダンを吸収できるのなら、健康食品としてフコイダンを摂取する必要はありません。健康食品としてのフコイダンがブームになっている理由があります。 生のモズクに含まれるフコイダンの量 …

no image

フコイダンとは

フコイダンとは、ワカメやモズク、コンブなどの海藻の表面を覆っているヌルヌル成分のことをいいます。スウェーデンの学者が、1913年に、海藻の葉にある粘膜管から分泌されていることが発見しました。 フコイダ …

no image

フコイダンと海藻が育つ環境

海藻の品質は、その海藻が育つ環境によって大きく左右されることはとうぜんですが、フコイダンのおもな原料である海藻類には、海水中の成分を、体内に取り込み濃縮する性質がありますので、海水から取り込んだ成分が …

no image

フコイダンと腸の吸収

毎日たくさんの量のモズクを食べたとしても、人間の腸には、フコイダンを分解するための酵素が備わっていません。せっかくのフコイダンも、吸収されずに排出されてしまいます。吸収されるかされないかは、フコイダン …