フコイダン療法

フコダインと他の代替医療

投稿日:

フコダインは他の代替医療とでは、その効果の点でまったく異なった代替医療ということがてきます。ガンにおいては、アガリクスやメシマコブ、AHCCは有名です。アガリクスやメシマコブ、AHCCは、正常細胞やナチュナルキラー細胞、マクロファージを強くすることによって、ガン細胞を攻撃していきます。
アガリクスやメシマコブ、AHCCは、基本的にガン細胞に直接に働きかけるものではありません。ガン細胞と正常細胞を戦わせます。正常細胞が勝てば改善ということになりますが、がん細胞が勝てば患者さんが死んでしまいます。とてもリスクがあるように思います。危険覚悟ということになります。フコイダンの効果は、アガリクスやメシマコブ、AHCCなどの、正常細胞とガン細胞を戦わせるやり方の代替療法とまったく違います。

このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - フコダインと他の代替医療 この記事をクリップ!Livedoorクリップ - フコダインと他の代替医療 Yahoo!ブックマークに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Googleブックマークに追加 FriendFeedで共有

-フコイダン療法

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

フコイダンの効果

フコイダンは、アガリクスなどと同じように、正常細胞を強くします。この作用にもっと効果が期待できるのです。アガリクスと違うのは、直接、ガン細胞に働きかけ、ガン細胞をアポトーシスする作用が大変強いというこ …

no image

フコイダンによるダッシュ療法

フコイダンによるダッシュ療法のいいところは即効性があるということです。超低分子で、吸収性のよい良質なフコイダンを使うことで実現可能になります。フコイダンをたくさん飲むことになりますので、とうぜん、十分 …

no image

フコイダンの効能

アポトーシス誘導作用は、通常の正常細胞が古くなった場合に、古くなった細胞に自滅スイッチが入って、新しい細胞との生まれ変わりが起こってしまいます。これがアポトーシスです。 ガン細胞は異常が蓄積することに …

no image

フコダインとアポトーシス

アポトーシスとは、アポトーシス生物のすべての細胞は、自分自身の細胞が異常な状態になったり、年を重ねて老化したりしますと、自ら自滅するための命令を出すことのできる遺伝子を内包しています。その遺伝子の出す …

no image

フコイダンとフコイダン治療の結果

医学博士のある先生は、自分の治療の体験談を話されていましたが、多くの末期がん患者にフコイダン治療をとりいれた結果は、一ヶ月間でほぼ全員のがん腫瘍マーカーやLDHなどの数値が低下したという結果が出ている …