フコイダン

フコイダンと腸の吸収

投稿日:

毎日たくさんの量のモズクを食べたとしても、人間の腸には、フコイダンを分解するための酵素が備わっていません。せっかくのフコイダンも、吸収されずに排出されてしまいます。吸収されるかされないかは、フコイダンの分子の大きさによるものです。
人間の腸が、吸収できる分子の大きさは、約3千から4千といわれています。フコイダンは、分子の大きさが20万から100万もある超高分子物質です。通常の食べ物なら、高分子状態でも、胃腸で細かく分解、消化して、分子を小さくすることで吸収していきます。
しかし、人間の腸には、フコイダンを分解、消化 するための酵素が備わっていないため、フコイダンを吸収することができずに、ほとんどが便として排出されます。フコイダンを、できるだけ無駄のないように吸収するためには、フコイダンの分子をはじめから細かくしておく必要があります。

このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - フコイダンと腸の吸収 この記事をクリップ!Livedoorクリップ - フコイダンと腸の吸収 Yahoo!ブックマークに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Googleブックマークに追加 FriendFeedで共有

-フコイダン

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

フコイダンと海藻

海藻のなかには、ビタミンやミネラルをたっぷり含まれています。特に、海藻のなかにはヨウ素が多く含まれています。日本人が、ヨウ素不足にならないのは、海藻を摂取しているといわれています。ヨウ素は甲状腺ホルモ …

no image

フコイダンとは

フコイダンとは、ワカメやモズク、コンブなどの海藻の表面を覆っているヌルヌル成分のことをいいます。スウェーデンの学者が、1913年に、海藻の葉にある粘膜管から分泌されていることが発見しました。 フコイダ …

no image

良質なフコイダンと分子の大きさ

通常3000から4000ぐらいの分子の大きさが、人が食べ物を歯で噛み砕いて、胃で溶かし、胃腸で吸収される大きさといわれています。その3000から4000の分子の大きさでさえ腸で吸収されるのは、全体の4 …

no image

良質なフコイダンと活きているモズク

フコイダン製品は、同じ原料のフコイダンから製造されたものであったとしても、粉末にするときの製造方法の違いや含まれる水分中の物質によって、フコイダンの効果に違いがあると推測されると報告されています。つま …

no image

フコイダンの純度の判断

フコイダンの純度は、フコイダンに含まれている硫酸基 (りゅうさんき)という物質の結合量 から判断するのが本当です。「硫酸基」とは、硫酸の基になる成分です。 硫酸といえば身体が溶けてしまうイメージを持っ …