フコイダン

フコイダンとモズク

投稿日:

海藻を食べることで フコイダンを吸収できるのなら、健康食品としてフコイダンを摂取する必要はありません。健康食品としてのフコイダンがブームになっている理由があります。
生のモズクに含まれるフコイダンの量は、わずか0.1%です。モズク1kg に含まれるフコイダンの量はたった 1gしかありません。これに対して、積極的な健康維持のために必要とされるフコイダンの量はおよそ2gから3gといわれています。生のモズクに置きかえてみると、1日あたり3キロも食べないといけなくなります。
スーパーで販売されている生のモズクはだいだい1パック100g入りとすると、毎日30パック食べなければいけません。毎日、これだけのモズクを食べ続けることはむずかしいと思います。それどころか、塩分の摂りすぎで、違う病気になってしまうでしょう。

このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - フコイダンとモズク この記事をクリップ!Livedoorクリップ - フコイダンとモズク Yahoo!ブックマークに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Googleブックマークに追加 FriendFeedで共有

-フコイダン

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

フコイダンの純度の判断

フコイダンの純度は、フコイダンに含まれている硫酸基 (りゅうさんき)という物質の結合量 から判断するのが本当です。「硫酸基」とは、硫酸の基になる成分です。 硫酸といえば身体が溶けてしまうイメージを持っ …

no image

超低分子フコイダン

特殊な技術を使って、20万もある分子の大きさのフコイダンを、分子の500という大きさの分子にしました。小さな低分子、超低分子のフコイダンになりました。超低分子のフコイダンは、吸収率が高くなっています。 …

no image

良質なフコイダンと分子の大きさ

通常3000から4000ぐらいの分子の大きさが、人が食べ物を歯で噛み砕いて、胃で溶かし、胃腸で吸収される大きさといわれています。その3000から4000の分子の大きさでさえ腸で吸収されるのは、全体の4 …

no image

良質なフコイダンと固形成分

超低分子フコイダンの原料は、皆さんのよく知るモズクです。モズクのヌルヌルした部分にフコイダンが含まれています。フコイダンはもともと液体状の物質であり、粉末状の乾いた成分ではありません。液体と錠剤みたい …

no image

良質なフコイダンと超低分子フコイダン

口、食道、胃の噴門では、からだは固形状のカプセルや固い錠剤では、まったくフコイダンにふれることはありません。胃の中で、ようやくフコイダンが接触する程度です。その部位で効かせたい場合、フコイダンの接触で …