がんの効果

フコイダンとガン細胞の血管新生

投稿日:

フコイダンは、免疫力の強化とガン細胞を消滅させる働きがあるアポトーシス作用があり、アガリクスなどのキノコ類の働きを超えてしまいますが、それ以外にも、新生血管抑制作用という大きな作用があります。
ガン細胞は、正常な細胞が突然変異したもので、細胞分裂を繰り返し、長い時間をかけて少しづつ大きくなります。また、ガン細胞は正常な細胞に比較して、多くの栄養を必要としています。ガン細胞が大きくなるにつれて、もっと多くの栄養が必要になりますので、栄養補給のために、どんどん新しい血管を自分の周りに勝手に作っていってしまいます。
これが血管新生と呼ばれるものです。周りの正常な細胞がだんだんと弱っていきますが、ガン細胞は逆にどんどん大きくなっていきます。さらに、勝手につくった血管が、ガン細胞が転移するときのルートになっています。

このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - フコイダンとガン細胞の血管新生 この記事をクリップ!Livedoorクリップ - フコイダンとガン細胞の血管新生 Yahoo!ブックマークに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Googleブックマークに追加 FriendFeedで共有

-がんの効果

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

フコイダンと抗ガン剤

現在のガン治療法は手術や放射線、化学療法が中心となっています。この三大療法は免疫力をたいへん低下させています。私は病気の原因は生活習慣によるものだと思っています。しかし、直接の病気の引き金は免疫力の低 …

no image

フコイダンによる癌細胞初期休眠療法

フコイダンが、患部までたどり着いてくれさえすれば、あとは勝手にアポトーシスを引き起こしてくれますので、フコイダンがたどり着きやすい場所かどうかを確認します。腫瘍の大きさや、現在のガンのステージレベルに …

no image

フコイダンとガン

フコイダンは、モズクやワカメ、コンブなどの褐藻類などのヌルヌル成分のなかに含まれる多糖類をいいます。ヌルヌル成分のなかのアルギン酸には、コレステロール吸収抑制作用やラミニンの血圧降下作用があります。 …

no image

フコイダンとの接触治療

フコイダンは、直接的にガン細胞の患部に接触しないと効果がないといわれていました。喉頭癌、舌癌、食道癌、胃癌、大腸癌などの直接、フコダインが触れる部分においては効果があることが検証されています。 それで …

no image

フコイダンと直接接触

フコイダンは、患部に直接、接触しないと効果は期待できないそうです。たとえば、大腸がんや胃がん、食道がん、咽頭癌、舌癌などは、フコイダンを直接的に患部に接触させることが可能なので効果は期待できるそうです …