がんの効果

フコイダンとガン細胞の血管新生

投稿日:

フコイダンは、免疫力の強化とガン細胞を消滅させる働きがあるアポトーシス作用があり、アガリクスなどのキノコ類の働きを超えてしまいますが、それ以外にも、新生血管抑制作用という大きな作用があります。
ガン細胞は、正常な細胞が突然変異したもので、細胞分裂を繰り返し、長い時間をかけて少しづつ大きくなります。また、ガン細胞は正常な細胞に比較して、多くの栄養を必要としています。ガン細胞が大きくなるにつれて、もっと多くの栄養が必要になりますので、栄養補給のために、どんどん新しい血管を自分の周りに勝手に作っていってしまいます。
これが血管新生と呼ばれるものです。周りの正常な細胞がだんだんと弱っていきますが、ガン細胞は逆にどんどん大きくなっていきます。さらに、勝手につくった血管が、ガン細胞が転移するときのルートになっています。

このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - フコイダンとガン細胞の血管新生 この記事をクリップ!Livedoorクリップ - フコイダンとガン細胞の血管新生 Yahoo!ブックマークに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Googleブックマークに追加 FriendFeedで共有

-がんの効果

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

フコイダンとの接触治療

フコイダンは、直接的にガン細胞の患部に接触しないと効果がないといわれていました。喉頭癌、舌癌、食道癌、胃癌、大腸癌などの直接、フコダインが触れる部分においては効果があることが検証されています。 それで …

no image

フコイダンとアポトーシス

人間のからだは、60兆個の細胞で構成されています。60兆個の細胞は新陳代謝によって常に新しい細胞が作られ、古い細胞が死んでいきます。細胞が新しい細胞に入れ替わることで、60兆個の細胞が保たれています。 …

no image

フコイダンと肺ガン

有名な医学博士の吉田年宏先生が、実際に、最初にフコイダンを処方して、ガン細胞が改善された患者さんは肺ガンの方でした。肺ガンは消化器系ではありません。フコイダンは直接患部に触れなくても、効果があることを …

no image

フコイダンとアポトーシスとがん治療

第55回日本癌学界が1996年にありましたが、そのときの発表のフコイダンの抗ガン作用の研究報告で、フコイダンのアポトーシス(Apoptosis)誘導作用が化学者達に注目を浴びたそうです。がん治療といえ …

no image

フコイダンとガン治療

アポトーシスが関係している病気には、ガン、ウイルス感染、エイズ、神経変性疾患、骨髄異形成疾患があります。エイズや神経変性疾患などはアポトーシスが増加することで起こります。 ガンやウイルス感染などはアポ …