シーフコイダン

シーフコイダンと低分子フコイダン

投稿日:

低分子フコイダンがなぜいいかというと、からだがフコイダンを消化するためには、分子量が小さくなくてはならないということです。つまり、からだへの吸収力を大幅にアップしたものが超低分子フコイダンであるシーフコイダンです。フコイダンは通常の状態では、1万から数十万以上の分子量があります。食物が噛み砕かれて、胃を経過して、十二指腸に達するときの分子量は約2千から4千といわれています。分子量を千以下にすれば、消化吸収能力の弱った人でも十分に吸収できます。シーフコイダンは、含まれているフコイダンの84%が分子量500以下です。シーフコイダンは、超低分子のフコイダン商品です。フコイダン抽出過程においては、トンガ王国産のもずくを破砕裁断したあと、貝の酵素溶液で抽出して、濃縮液状にしたあとに超低分子化を行っているそうです。体内吸収率を最大限に高める処理を行っています。

このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - シーフコイダンと低分子フコイダン この記事をクリップ!Livedoorクリップ - シーフコイダンと低分子フコイダン Yahoo!ブックマークに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Googleブックマークに追加 FriendFeedで共有

-シーフコイダン

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

低分子フコイダンとシーフコイダン

低分子化されていると吸収率を高めます。トンガ産モズクは、高純度のフコイダンが含まれていますが、ほとんど体の外にそのまま出ていってしまいます。胃腸の弱い人や高齢の方も、簡単に胃腸から吸収できないと意味が …

no image

イトモズクとオキナワモズク

オキナワモズクが、国内流通の90%以上になっています。不思議なことに、分類学的にはイトモズクとオキナワモズクは同じ種類のものとされています。違いは生態的特長に違いがありますが、イトモズクは、九州より北 …

no image

固体状のフコイダンと添加物

一般的に液体のものを、さらさらの粉末にしたり、錠剤にしたりする工程の中では、かならず添加物が加えられます。たとえば錠剤のものを作るときには結合剤、滑剤、光沢剤が使われます。粉末状の材料に粘り気を持たせ …

no image

シーフコイダンとは

フコイダンは、モズクやコンブのヌルヌル成分のことですが、ヌルヌル成分のなかに、海藻から抽出される硫酸アミノ多糖類が含まれていますが、その硫酸アミノ多糖類の総称がフコイダンと言われています。 フコイダン …

no image

シーフコイダンと高分子フコイダン

フコイダンは低分子がいいのか高分子がいいのか、いろいろ言われていますが、それぞれに特徴があり、まだはっきりとしたことは分からないようですね。高分子がいいという理由として、フコイダンの自然な形は、フコー …