シーフコイダン

シーフコイダンとフコキサンチン

投稿日:

フコキサンチンというのが、フコイダンとともに注目を集めています。フコキサンチンは、ひじきやワカメ、昆布というような褐藻類にだけ含まれている赤褐色のカロテノイドの一種です。カロテノイドは、ニンジンの黄色色素であるカロチンや、植物や動物など自然界に幅広く存在している黄色や赤色の天然色素群のことをいいます。カロテノイドという名前は、このニンジンのキャロットの黄色色素に由来しているといわれています。 このカロテノイドには、酸素と結合しやすいという特徴があります。この酸化しやすい性質による優れた作用が一般的に知られています。この活性酸素に働きかける代表的な成分のひとつがカロテノイドです。 動物は、これらの重要な物質を体内で生産することができません。食物から摂取しなければなりません。カロテノイドやフコキサンチンをうまく体内に取り入れることが、私たちの健康のために重要なことです。

このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - シーフコイダンとフコキサンチン この記事をクリップ!Livedoorクリップ - シーフコイダンとフコキサンチン Yahoo!ブックマークに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Googleブックマークに追加 FriendFeedで共有

-シーフコイダン

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

シーフコイダンの製品化

シーフコイダンの製品化の過程を説明します。まず、ダイバーが海から取ってきたモズクは、すぐに現地で加工されます。それから、新鮮なモズクが日本へと送られます。日本の工場で、フコイダンと呼ばれるモズクエキス …

no image

イトモズクとオキナワモズク

オキナワモズクが、国内流通の90%以上になっています。不思議なことに、分類学的にはイトモズクとオキナワモズクは同じ種類のものとされています。違いは生態的特長に違いがありますが、イトモズクは、九州より北 …

no image

シーフコイダンとモズクの分解

モズクを食べれば、シーフコイダンを飲む必要ないと思われている方も多いようです。抽出したフコイダンを飲むのではなく、もずくを食事でとればいいと思われる方もいます。たとえば沖縄モズクは、日本国内で食用の生 …

no image

低分子フコイダンとシーフコイダン

低分子化されていると吸収率を高めます。トンガ産モズクは、高純度のフコイダンが含まれていますが、ほとんど体の外にそのまま出ていってしまいます。胃腸の弱い人や高齢の方も、簡単に胃腸から吸収できないと意味が …

no image

シーフコイダンとアミノ酸

シーフコイダンの原料は、新鮮な天然モズクですが、天然モズクは、9種類の必須アミノ酸を含んだ18種類のアミノ酸がたくさん含まれています。健康維持にたいへんいい食品です。 人間の体の中にタンパク質は、人間 …