がんの効果

フコイダンとアポトーシス

投稿日:

人間のからだは、60兆個の細胞で構成されています。60兆個の細胞は新陳代謝によって常に新しい細胞が作られ、古い細胞が死んでいきます。細胞が新しい細胞に入れ替わることで、60兆個の細胞が保たれています。つまり、一定期間を過ぎると、遺伝子の情報の中に正常細胞が自らが死んでいくような仕組みになっています。このように細胞が自ら死を選んでいくことがアポトーシスです。
たとえば、カエルになる過程のおたまじゃくしの尻尾がなくなったり、胎内のなかの胎児の手に水かきがあっても、生まれたときには、きちんとした5本の指になっている現象のことです。ところが、ガン細胞は、からだの死ななくなった細胞が増殖していきます。ガン細胞は死ぬことがなく増え続けていきます。
ガン細胞がアポトーシスが起こり、自ら死を選んでくれれば何も怖いことはありません。

このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - フコイダンとアポトーシス この記事をクリップ!Livedoorクリップ - フコイダンとアポトーシス Yahoo!ブックマークに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Googleブックマークに追加 FriendFeedで共有

-がんの効果

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

フコイダンと新生血管抑制作用

フコイダンの多くの研究報告から、フコイダンには、ガン細胞が自分勝手にどんどん血管をはりめぐらそうとするガン細胞の血管新生を妨害する働きがあることがわかっています。 最近の研究報告では、ガン細胞は一定の …

no image

フコイダンとの接触治療

フコイダンは、直接的にガン細胞の患部に接触しないと効果がないといわれていました。喉頭癌、舌癌、食道癌、胃癌、大腸癌などの直接、フコダインが触れる部分においては効果があることが検証されています。 それで …

no image

フコイダンとガン

フコイダンは、モズクやワカメ、コンブなどの褐藻類などのヌルヌル成分のなかに含まれる多糖類をいいます。ヌルヌル成分のなかのアルギン酸には、コレステロール吸収抑制作用やラミニンの血圧降下作用があります。 …

no image

フコイダンと直接接触

フコイダンは、患部に直接、接触しないと効果は期待できないそうです。たとえば、大腸がんや胃がん、食道がん、咽頭癌、舌癌などは、フコイダンを直接的に患部に接触させることが可能なので効果は期待できるそうです …

no image

フコイダンとAHCC

AHCCとは、Active(活性化)Hexose(六炭糖)Correlated(関連)Compound(化合物)の頭文字をとったものです。AHCCはシイタケ、シメジタケ、スエヒロタケ等々のキノコの担子 …