フコイダン療法

フコイダンと西洋医学の限界

投稿日:

がんの治療法は手術や放射線、化学療法が中心となっています。これらはいわゆる西洋医学的療法と呼ばれているものですが、これ以外の療法を代替療法や補完療法と呼ばれています。フコイダンも代替療法や補完療法の一つになると考えていいと思っています。フコイダンは知名度も一般的にはまだ低いと思いますが、代替医療や健康食品の分野のなかで注目される素材のひとつとなっています。特に、悪性細胞を自滅させるアポトーシス作用や、がん細胞が自らの栄養補給路確保のため新たに血管を作ることを抑える新生血管抑制作用や、免疫力強化機能があげられています。この三つの作用は、フコイダンの三大有用性と言われています。今の西洋医学では、抗がん剤や放射線による副作用の大きさが問題になっていますし、西洋医学の治療効果の限界が問われています。

このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - フコイダンと西洋医学の限界 この記事をクリップ!Livedoorクリップ - フコイダンと西洋医学の限界 Yahoo!ブックマークに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Googleブックマークに追加 FriendFeedで共有

-フコイダン療法

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

フコイダンと代替医療

最近では、代替医療が注目されつつあります。代替医療についてはいろいろ言われていますが、基本的には、西洋医学の領域に属さない療法を総称したものであると言えそうです。 代替医療といえば、よく知られている漢 …

no image

アガリクスとフコイダン

アガリクス(Agaricus)とは、ブラジル南東部の山地を原産地とするハラタケ科ハラタケ属のキノコヒメマツタケの俗称です。学名を「アガリクス・ブラゼイ・ムリル」といいます。傘のかたち、色はマッシュルー …

no image

フコイダンと代替医療と西洋医学

フコイダンは、抗がん剤で抑制するのではなく、がん細胞を死滅させてしまいます。厳密にいうと、アポトーシスに陥った細胞は収縮していきます。核も濃縮され断片化していきます。断片化した核は、細胞膜に包まれたア …

no image

フコダインとアポトーシス

アポトーシスとは、アポトーシス生物のすべての細胞は、自分自身の細胞が異常な状態になったり、年を重ねて老化したりしますと、自ら自滅するための命令を出すことのできる遺伝子を内包しています。その遺伝子の出す …

no image

フコイダン療法とがんの効果

フコイダン療法で、がんの効果はどうかというと、医学博士である吉田年宏先生の今までの経験では、フコイダン治療で、末期がん患者112人に行なった結果では、2週間から1ヶ月の間で、100%に近い癌腫瘍マーカ …