がんの効果

フコイダンと抗ガン剤

投稿日:

現在のガン治療法は手術や放射線、化学療法が中心となっています。この三大療法は免疫力をたいへん低下させています。私は病気の原因は生活習慣によるものだと思っています。しかし、直接の病気の引き金は免疫力の低下です。免疫力の低い状態で抗がん剤や放射線治療、化学治療を行なうと、ますます免疫機能は低下していってしまいます。ガンをやっつける免疫力の主役であるリンパ球のなかのNK(ナチュラル・キラー)細胞は、からだのなかを巡回して、ガン細胞を見つけてはやっつけてくれるのですが、抗ガン剤は、このガン細胞と戦ってくれるリンパ球を一番最初にやっつけてしまいます。要するに抗ガン剤は、敵と味方の区別がつきません。そのため免疫力は低下してしまいます。抗ガン剤はガン細胞を縮小するように働きかけますが、逆にガン細胞が増殖しやすい状態を作っています。

このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - フコイダンと抗ガン剤 この記事をクリップ!Livedoorクリップ - フコイダンと抗ガン剤 Yahoo!ブックマークに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Googleブックマークに追加 FriendFeedで共有

-がんの効果

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

フコイダンとAHCC

AHCCとは、Active(活性化)Hexose(六炭糖)Correlated(関連)Compound(化合物)の頭文字をとったものです。AHCCはシイタケ、シメジタケ、スエヒロタケ等々のキノコの担子 …

no image

フコイダンと免疫賦活作用

フコイダンは、アガリクスやメシマコブ、そのほかのキノコと同じように、免疫賦活作用、すなわち、免疫細胞を活性化させて、免疫力を強くさせるのに強い働きがあることがわかっています。 フコイダンとアガリクスや …

no image

フコイダンとアポトーシスとがん治療

第55回日本癌学界が1996年にありましたが、そのときの発表のフコイダンの抗ガン作用の研究報告で、フコイダンのアポトーシス(Apoptosis)誘導作用が化学者達に注目を浴びたそうです。がん治療といえ …

no image

フコイダンとD-フラクション

D-フラクションは、まいたけの中に含まれる成分です。β-グルカンは、ほとんどのキノコ類に含まれている多糖類ですが、β-グルカンを熱水抽出して、タンパク質と結合させたまいたけの有用成分がD-フラクション …

no image

フコイダンとガン細胞の血管新生

フコイダンは、免疫力の強化とガン細胞を消滅させる働きがあるアポトーシス作用があり、アガリクスなどのキノコ類の働きを超えてしまいますが、それ以外にも、新生血管抑制作用という大きな作用があります。 ガン細 …