シーフコイダン

シーフコイダンと液状フコイダン

投稿日:

固体状のフコイダンよりも、分子量が小さい液体状フコイダンの方が3倍以上吸収しやすいといわれています。また、液体状フコイダンの方が早くからだのなかに吸収されやすいそうです。固体状のフコイダンはどうしても純度が下がってしまいます。不純物が増えてしまいますので、せっかくのフコイダンの力を減らしてしまうことになるそうです。固体状のフコイダンに比べて、液体状フコイダンは純度と濃度をあげることができます。フコイダンの力が発揮できます。たとえ直接フコイダンが触れない部位でも、腸などでフコイダンが吸収されて、血液を通してその部位まで届きます。そのため、吸収効率がいい製品の方が改善率がいい製品とされています。 病気が進んで、食欲が落ちている方は体全体の吸収力や免疫力も落ちてきています。また、体力が落ちると、飲み込む力も落ちてきます。液体状フコイダンの方が飲みやすいと思います。

このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - シーフコイダンと液状フコイダン この記事をクリップ!Livedoorクリップ - シーフコイダンと液状フコイダン Yahoo!ブックマークに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Googleブックマークに追加 FriendFeedで共有

-シーフコイダン

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

シーフコイダンとモズクの分解

モズクを食べれば、シーフコイダンを飲む必要ないと思われている方も多いようです。抽出したフコイダンを飲むのではなく、もずくを食事でとればいいと思われる方もいます。たとえば沖縄モズクは、日本国内で食用の生 …

no image

シーフコイダンの製品化

シーフコイダンの製品化の過程を説明します。まず、ダイバーが海から取ってきたモズクは、すぐに現地で加工されます。それから、新鮮なモズクが日本へと送られます。日本の工場で、フコイダンと呼ばれるモズクエキス …

no image

シーフコイダンとモズクの種類

モズクのフコイダン含有量はどれも同じではありません。沖縄のモズクは他の国内のモズクに比べて4倍も多くフコイダンが含まれています。沖縄を中心に取れる沖縄モズクが、日本国内におけるモズクの約9割を占めてい …

no image

シーフコイダンとアミノ酸

シーフコイダンの原料は、新鮮な天然モズクですが、天然モズクは、9種類の必須アミノ酸を含んだ18種類のアミノ酸がたくさん含まれています。健康維持にたいへんいい食品です。 人間の体の中にタンパク質は、人間 …

no image

トンガ王国産モズク

トンガ王国は南太平洋に位置する珊瑚礁の島です。トンガ王国のまわりの海の水は、世界で2番目に深い海溝とであるトンガ海溝から湧き出ています。海洋深層水なので、水質汚染はありませんし、最高に良質なミネラルを …