シーフコイダン

固体状のフコイダンと添加物

投稿日:

一般的に液体のものを、さらさらの粉末にしたり、錠剤にしたりする工程の中では、かならず添加物が加えられます。たとえば錠剤のものを作るときには結合剤、滑剤、光沢剤が使われます。粉末状の材料に粘り気を持たせて粒にまとめる結合剤です。結合剤としてよく使われるものに、セルロース、レシチン、ソルビトールがあります。錠剤の形を作るときには、鋳型に入れて形を作りますが、鋳型にくっつかずにすんなり取り出せるようにするために滑剤を入れます。脂肪酸や炭酸マグネシウム、二酸化ケイ素などがあります。また、錠剤は表面がザラザラしていると飲みにくくなりますので、表面をなめらかにするために使うのが光沢剤です。光沢剤には、植物や昆虫からとれる天然樹脂や、石油を原料にしたパラフィンワックスなどのワックス類があります。表面のコーティングに使うだけですので、ごく微量ではありますが、アレルギーや化学物質過敏症の方は注意が必要です。

このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 固体状のフコイダンと添加物 この記事をクリップ!Livedoorクリップ - 固体状のフコイダンと添加物 Yahoo!ブックマークに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Googleブックマークに追加 FriendFeedで共有

-シーフコイダン

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

シーフコイダンと濃縮液体

シーフコイダンは、濃縮液体であることにこだわっているそうです。理由は食欲のないときも飲むことができます。また、フコイダンは海藻のぬめりに含まれる成分です。できるだけ純度と鮮度を保った上で製品化すること …

no image

低分子フコイダンとシーフコイダン

低分子化されていると吸収率を高めます。トンガ産モズクは、高純度のフコイダンが含まれていますが、ほとんど体の外にそのまま出ていってしまいます。胃腸の弱い人や高齢の方も、簡単に胃腸から吸収できないと意味が …

no image

シーフコイダンと低分子フコイダン

低分子フコイダンがなぜいいかというと、からだがフコイダンを消化するためには、分子量が小さくなくてはならないということです。つまり、からだへの吸収力を大幅にアップしたものが超低分子フコイダンであるシーフ …

no image

トンガ王国産モズク

トンガ王国は南太平洋に位置する珊瑚礁の島です。トンガ王国のまわりの海の水は、世界で2番目に深い海溝とであるトンガ海溝から湧き出ています。海洋深層水なので、水質汚染はありませんし、最高に良質なミネラルを …

no image

イトモズクとオキナワモズク

オキナワモズクが、国内流通の90%以上になっています。不思議なことに、分類学的にはイトモズクとオキナワモズクは同じ種類のものとされています。違いは生態的特長に違いがありますが、イトモズクは、九州より北 …