フコイダン

良質なフコイダンと硫酸基

投稿日:2007年5月9日 更新日:

フコイダン製品をつくるときには、有害物質は科学的な製造過程でとり除かれますが、そのときにフコイダンの重要な物質である硫酸基までいっしょに外れてしまいます。フコイダンにとって、硫酸基は、とても重要な成分です。最初から、化学物質で汚染されていない海で育った海藻であれば、科学的に除去する工程は必要ありませんので、海藻が育つ環境がとても重要になります。超低分子フコイダンの原料であるモズクが育つ海域は、世界中で一番汚染地域から離れている、世界中の海でもっとも美しい海のひとつに数えられる南太平洋諸島トンガ王国です。一番近い陸地は、直線距離にして1950キロも離れている自然豊かなニュージーランドです。次に近い大陸は、直線距離にして3680キロも離れているオーストラリア大陸です。自然豊かな美しい海で育ったモズクですので、フコイダンを精製するときに邪魔になる物質が含まれていません。良質なフコイダンを原料に製造していれば、一番大切な硫酸基が壊れていません。

このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 良質なフコイダンと硫酸基 この記事をクリップ!Livedoorクリップ - 良質なフコイダンと硫酸基 Yahoo!ブックマークに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Googleブックマークに追加 FriendFeedで共有

-フコイダン

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

良質なフコイダンと活きているモズク

フコイダン製品は、同じ原料のフコイダンから製造されたものであったとしても、粉末にするときの製造方法の違いや含まれる水分中の物質によって、フコイダンの効果に違いがあると推測されると報告されています。つま …

no image

フコイダンの作用

フコイダンとは、モズク、メカブやコンブ、ワカメなどの海藻類に含まれているヌルヌルとした成分のなかにあります多糖類のことを総称していいます。このヌルヌルとした成分のなかに、アルギン酸、ラミニンが含まれて …

no image

超低分子フコイダン

特殊な技術を使って、20万もある分子の大きさのフコイダンを、分子の500という大きさの分子にしました。小さな低分子、超低分子のフコイダンになりました。超低分子のフコイダンは、吸収率が高くなっています。 …

no image

良質なフコイダンと超低分子フコイダン

口、食道、胃の噴門では、からだは固形状のカプセルや固い錠剤では、まったくフコイダンにふれることはありません。胃の中で、ようやくフコイダンが接触する程度です。その部位で効かせたい場合、フコイダンの接触で …

no image

フコイダンの純度の判断

フコイダンの純度は、フコイダンに含まれている硫酸基 (りゅうさんき)という物質の結合量 から判断するのが本当です。「硫酸基」とは、硫酸の基になる成分です。 硫酸といえば身体が溶けてしまうイメージを持っ …