フコイダン

良質なフコイダンと分子の大きさ

投稿日:2007年5月11日 更新日:

通常3000から4000ぐらいの分子の大きさが、人が食べ物を歯で噛み砕いて、胃で溶かし、胃腸で吸収される大きさといわれています。その3000から4000の分子の大きさでさえ腸で吸収されるのは、全体の4から5%でしかありません。残りの95%は便となって排泄されてしまいます。もともと高分子で分子の大きさが20万もあるフコイダンはからだには吸収されないのです。分子の大きさが20万もあるフコイダンを、特殊な技術を使って、なんと分子の大きさが500というものすごく小さな低分子、超低分子に加工しているのです。この超低分子フコイダンは、人間が吸収する分子の大きさの6分の1なので、驚くほどの人体吸収率を誇っています。通常フコイダンの名前で売っている分子の大きさが20万もある高分子のフコイダンとは、明らかに吸収力が違います。

このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 良質なフコイダンと分子の大きさ この記事をクリップ!Livedoorクリップ - 良質なフコイダンと分子の大きさ Yahoo!ブックマークに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Googleブックマークに追加 FriendFeedで共有

-フコイダン

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

フコイダンとモズク

海藻を食べることで フコイダンを吸収できるのなら、健康食品としてフコイダンを摂取する必要はありません。健康食品としてのフコイダンがブームになっている理由があります。 生のモズクに含まれるフコイダンの量 …

no image

良質なフコイダンと超低分子フコイダン

口、食道、胃の噴門では、からだは固形状のカプセルや固い錠剤では、まったくフコイダンにふれることはありません。胃の中で、ようやくフコイダンが接触する程度です。その部位で効かせたい場合、フコイダンの接触で …

no image

フコイダンと日本癌学界

1996年の第55回日本癌学界のなかで「フコイダンの抗ガン作用の研究報告」が発表されました。なかでも正常細胞には影響を与えないで、異常細胞である癌細胞だけを自滅させる働きがあることが発表されました。そ …

no image

フコイダンとは

フコイダンとは、ワカメやモズク、コンブなどの海藻の表面を覆っているヌルヌル成分のことをいいます。スウェーデンの学者が、1913年に、海藻の葉にある粘膜管から分泌されていることが発見しました。 フコイダ …

no image

フコイダンと吸収力

フコイダンの吸収力を高めることができるということはとても大切なことです。たとえいい良質のフコイダンであっても、体内で吸収することができなければ、患部までたどりつくことができません。 胃腸の弱い患者さん …