フコイダン

良質なフコイダンと固形成分

投稿日:2007年5月12日 更新日:

超低分子フコイダンの原料は、皆さんのよく知るモズクです。モズクのヌルヌルした部分にフコイダンが含まれています。フコイダンはもともと液体状の物質であり、粉末状の乾いた成分ではありません。液体と錠剤みたいな固形成分とでは、人間のからだのなかで吸収される過程がまったく異なっています。錠剤やカプセルのような固形の物質ですと、ぜったいに水や白湯で飲み込むしかありません。そのまま飲み込むのは大変なことになってくるのです。とうぜんお年寄りや病気でからだが弱っている人には、固形状のカプセルや固い錠剤を飲み込むだけでも大変なことなのです。さらに、カプセルや固い錠剤は、口の中や食道ではフコイダンが一切吸収されることなく、直接胃まで運ばれてしまいます。胃の中に入って溶け、胃よりしたの十二指腸からフコイダンがようやく吸収し始めます。

このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 良質なフコイダンと固形成分 この記事をクリップ!Livedoorクリップ - 良質なフコイダンと固形成分 Yahoo!ブックマークに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Googleブックマークに追加 FriendFeedで共有

-フコイダン

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

フコイダンと海藻が育つ環境

海藻の品質は、その海藻が育つ環境によって大きく左右されることはとうぜんですが、フコイダンのおもな原料である海藻類には、海水中の成分を、体内に取り込み濃縮する性質がありますので、海水から取り込んだ成分が …

no image

フコイダンの区分

フコイダンは、製品化されたものは、加工法によって、高分子フコイダンと低分子フコイダンに区分されます。フコイダンはもともと高分子多糖類に分類されています。 高分子多糖類とは、分子が非常に強く結合して壊れ …

no image

フコイダンとは

フコイダンとは、ワカメやモズク、コンブなどの海藻の表面を覆っているヌルヌル成分のことをいいます。スウェーデンの学者が、1913年に、海藻の葉にある粘膜管から分泌されていることが発見しました。 フコイダ …

no image

フコイダンと吸収力

フコイダンの吸収力を高めることができるということはとても大切なことです。たとえいい良質のフコイダンであっても、体内で吸収することができなければ、患部までたどりつくことができません。 胃腸の弱い患者さん …

no image

フコイダンの構造

フコイダンの構造は、いくつもの糖が複雑にからみあった多粘性の多糖類です。通常は20万をこえる高分子の状態なので、フコイダンは、分子の大きさが大きいのが特徴になっています。 フコイダンは、おにぎりに例え …