フコイダン

良質なフコイダンと超低分子フコイダン

投稿日:2007年5月13日 更新日:

口、食道、胃の噴門では、からだは固形状のカプセルや固い錠剤では、まったくフコイダンにふれることはありません。胃の中で、ようやくフコイダンが接触する程度です。その部位で効かせたい場合、フコイダンの接触で得られること自体がなくなってしまいます。約20年まえに、薬物が特殊輸送機構といわれる口の中の粘膜で吸収されていることがわかりました。つまり口の中からも吸収されます。口腔粘膜と舌下粘膜という部分から吸収されます。液体のフコイダンなら、口の中からも吸収されることになります。からだの中に吸収されたフコイダンは、血液によってからだのいろいろな場所に運ばれていきます。からだのあらゆる場所からあますことなく効果的に吸収された液体の超低分子フコイダンが闘ってます。超低分子フコイダンでしかお役に立てない場所があるということになります。

このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 良質なフコイダンと超低分子フコイダン この記事をクリップ!Livedoorクリップ - 良質なフコイダンと超低分子フコイダン Yahoo!ブックマークに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Googleブックマークに追加 FriendFeedで共有

-フコイダン

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

良質なフコイダンと分子の大きさ

通常3000から4000ぐらいの分子の大きさが、人が食べ物を歯で噛み砕いて、胃で溶かし、胃腸で吸収される大きさといわれています。その3000から4000の分子の大きさでさえ腸で吸収されるのは、全体の4 …

no image

良質なフコイダンと硫酸基

フコイダン製品をつくるときには、有害物質は科学的な製造過程でとり除かれますが、そのときにフコイダンの重要な物質である硫酸基までいっしょに外れてしまいます。フコイダンにとって、硫酸基は、とても重要な成分 …

no image

フコイダンの区分

フコイダンは、製品化されたものは、加工法によって、高分子フコイダンと低分子フコイダンに区分されます。フコイダンはもともと高分子多糖類に分類されています。 高分子多糖類とは、分子が非常に強く結合して壊れ …

no image

良質なフコイダンとまぜもの

良いフコイダンの選び方として、まぜものをしていないことがあげられます。良質のフコイダンの含有率が100%でなけば飲用する意味がありません。現在、国内で20社ほどがフコイダン製品を出しておりますが、中に …

no image

良いフコイダンの選び方

フコイダンの商品のどれも同じものではありません。商品名を見て、フコイダン、と書いているから安心とは限りません。良いフコイダンとは、どのようなフコイダンのことでしょうか。良いフコイダンとは、まず、良質の …