フコイダン

良質なフコイダンと活きているモズク

投稿日:2007年5月15日 更新日:

フコイダン製品は、同じ原料のフコイダンから製造されたものであったとしても、粉末にするときの製造方法の違いや含まれる水分中の物質によって、フコイダンの効果に違いがあると推測されると報告されています。つまり、粉末にするときの製造方法の違いや含まれる水分中の物質が原因であると報告されているそうです。モズクが育つ環境は、海水の温度が10度から20度くらいだそうです。乾燥したフコイダンを製造するには、この快適な温度で、育ったモズクがストレスを感じるような条件のもとで製造が行なわれています。液状の物質を乾燥させるような強い熱や圧力のなかで、フコイダンが生き残ることができません。壊れたフコイダンではその効果が半減してしまいます。成分の活きた良質のフコイダンの方がいいように思われます。そういう意味で活きている本物のフコイダンでなければ意味がありません。

このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 良質なフコイダンと活きているモズク この記事をクリップ!Livedoorクリップ - 良質なフコイダンと活きているモズク Yahoo!ブックマークに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Googleブックマークに追加 FriendFeedで共有

-フコイダン

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

フコイダンとは

フコイダンとは、ワカメやモズク、コンブなどの海藻の表面を覆っているヌルヌル成分のことをいいます。スウェーデンの学者が、1913年に、海藻の葉にある粘膜管から分泌されていることが発見しました。 フコイダ …

no image

フコイダンと純度

いろんな会社が、フコイダン製品を作っていますが、フコイダン製品の原料としては何が多いと思われますが、そうです。モズクです。フコイダンはいろいろな海藻に含まれているそうです。たとえば、ワカメにも含まれて …

no image

フコイダンと日本癌学界

1996年の第55回日本癌学界のなかで「フコイダンの抗ガン作用の研究報告」が発表されました。なかでも正常細胞には影響を与えないで、異常細胞である癌細胞だけを自滅させる働きがあることが発表されました。そ …

no image

フコイダンの純度の判断

フコイダンの純度は、フコイダンに含まれている硫酸基 (りゅうさんき)という物質の結合量 から判断するのが本当です。「硫酸基」とは、硫酸の基になる成分です。 硫酸といえば身体が溶けてしまうイメージを持っ …

no image

良質なフコイダンと分子の大きさ

通常3000から4000ぐらいの分子の大きさが、人が食べ物を歯で噛み砕いて、胃で溶かし、胃腸で吸収される大きさといわれています。その3000から4000の分子の大きさでさえ腸で吸収されるのは、全体の4 …