フコイダン

良質なフコイダンと活きているモズク

投稿日:2007年5月15日 更新日:

フコイダン製品は、同じ原料のフコイダンから製造されたものであったとしても、粉末にするときの製造方法の違いや含まれる水分中の物質によって、フコイダンの効果に違いがあると推測されると報告されています。つまり、粉末にするときの製造方法の違いや含まれる水分中の物質が原因であると報告されているそうです。モズクが育つ環境は、海水の温度が10度から20度くらいだそうです。乾燥したフコイダンを製造するには、この快適な温度で、育ったモズクがストレスを感じるような条件のもとで製造が行なわれています。液状の物質を乾燥させるような強い熱や圧力のなかで、フコイダンが生き残ることができません。壊れたフコイダンではその効果が半減してしまいます。成分の活きた良質のフコイダンの方がいいように思われます。そういう意味で活きている本物のフコイダンでなければ意味がありません。

このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 良質なフコイダンと活きているモズク この記事をクリップ!Livedoorクリップ - 良質なフコイダンと活きているモズク Yahoo!ブックマークに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Googleブックマークに追加 FriendFeedで共有

-フコイダン

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

超低分子フコイダン

特殊な技術を使って、20万もある分子の大きさのフコイダンを、分子の500という大きさの分子にしました。小さな低分子、超低分子のフコイダンになりました。超低分子のフコイダンは、吸収率が高くなっています。 …

no image

良質なフコイダンと超低分子フコイダン

口、食道、胃の噴門では、からだは固形状のカプセルや固い錠剤では、まったくフコイダンにふれることはありません。胃の中で、ようやくフコイダンが接触する程度です。その部位で効かせたい場合、フコイダンの接触で …

no image

フコイダンの区分

フコイダンは、製品化されたものは、加工法によって、高分子フコイダンと低分子フコイダンに区分されます。フコイダンはもともと高分子多糖類に分類されています。 高分子多糖類とは、分子が非常に強く結合して壊れ …

no image

フコイダンの純度の判断

フコイダンの純度は、フコイダンに含まれている硫酸基 (りゅうさんき)という物質の結合量 から判断するのが本当です。「硫酸基」とは、硫酸の基になる成分です。 硫酸といえば身体が溶けてしまうイメージを持っ …

no image

フコイダンの作用

フコイダンとは、モズク、メカブやコンブ、ワカメなどの海藻類に含まれているヌルヌルとした成分のなかにあります多糖類のことを総称していいます。このヌルヌルとした成分のなかに、アルギン酸、ラミニンが含まれて …