シーフコイダン

良いフコイダンとオキナワモズク

投稿日:2007年5月16日 更新日:

良質なフコイダンには、さらに必要な条件があるそうです。それは原料のモズクに秘密があるそうです。モズクには、たくさんの種類があることはご存知だと思いますが、モズクは、日本国内では東北から沖縄までの日本海や太平洋岸の静かな湾内などに生息しているナガマツモ科の海藻です。とくに良質のいいモズクが育つ環境としては、きれいな海水とたくさんの太陽の光、温暖な海水温が必要なわけです。モズクには、フトモズク、イシモズク、モズク、オキナワモズク、イトモズク、キシュウモズクなどたくさんの種類がありますが、すべてが食用モズクです。しかし、食卓にあがっている多くのモズクは、ほとんどオキナワモズクです。実は沖縄県では、30年前に養殖の研究をはじめて、25年ぐらい前に唯一モズクの養殖技術を成功させています。その後も養殖技術の発達において生産量は日本一となっています。

このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 良いフコイダンとオキナワモズク この記事をクリップ!Livedoorクリップ - 良いフコイダンとオキナワモズク Yahoo!ブックマークに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Googleブックマークに追加 FriendFeedで共有

-シーフコイダン

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

シーフコイダンとモズクの分解

モズクを食べれば、シーフコイダンを飲む必要ないと思われている方も多いようです。抽出したフコイダンを飲むのではなく、もずくを食事でとればいいと思われる方もいます。たとえば沖縄モズクは、日本国内で食用の生 …

no image

低分子フコイダンとシーフコイダン

低分子化されていると吸収率を高めます。トンガ産モズクは、高純度のフコイダンが含まれていますが、ほとんど体の外にそのまま出ていってしまいます。胃腸の弱い人や高齢の方も、簡単に胃腸から吸収できないと意味が …

no image

シーフコイダンとは

フコイダンは、モズクやコンブのヌルヌル成分のことですが、ヌルヌル成分のなかに、海藻から抽出される硫酸アミノ多糖類が含まれていますが、その硫酸アミノ多糖類の総称がフコイダンと言われています。 フコイダン …

no image

シーフコイダンの製品化

シーフコイダンの製品化の過程を説明します。まず、ダイバーが海から取ってきたモズクは、すぐに現地で加工されます。それから、新鮮なモズクが日本へと送られます。日本の工場で、フコイダンと呼ばれるモズクエキス …

no image

シーフコイダンとモズク

スーパーに置いてある、お馴染みのモズクは、強いヌメリがあります。酢の物に料理すると、ほのかな磯の香りがただよいます。モズクはなめらかな舌ざわりがここちよいのが特徴です。酢味噌や辛子味噌で食べてもおいし …