シーフコイダン

良いフコイダンとオキナワモズク

投稿日:2007年5月16日 更新日:

良質なフコイダンには、さらに必要な条件があるそうです。それは原料のモズクに秘密があるそうです。モズクには、たくさんの種類があることはご存知だと思いますが、モズクは、日本国内では東北から沖縄までの日本海や太平洋岸の静かな湾内などに生息しているナガマツモ科の海藻です。とくに良質のいいモズクが育つ環境としては、きれいな海水とたくさんの太陽の光、温暖な海水温が必要なわけです。モズクには、フトモズク、イシモズク、モズク、オキナワモズク、イトモズク、キシュウモズクなどたくさんの種類がありますが、すべてが食用モズクです。しかし、食卓にあがっている多くのモズクは、ほとんどオキナワモズクです。実は沖縄県では、30年前に養殖の研究をはじめて、25年ぐらい前に唯一モズクの養殖技術を成功させています。その後も養殖技術の発達において生産量は日本一となっています。

このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 良いフコイダンとオキナワモズク この記事をクリップ!Livedoorクリップ - 良いフコイダンとオキナワモズク Yahoo!ブックマークに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Googleブックマークに追加 FriendFeedで共有

-シーフコイダン

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

シーフコイダンと濃縮液体

シーフコイダンは、濃縮液体であることにこだわっているそうです。理由は食欲のないときも飲むことができます。また、フコイダンは海藻のぬめりに含まれる成分です。できるだけ純度と鮮度を保った上で製品化すること …

no image

低分子フコイダンとシーフコイダン

低分子化されていると吸収率を高めます。トンガ産モズクは、高純度のフコイダンが含まれていますが、ほとんど体の外にそのまま出ていってしまいます。胃腸の弱い人や高齢の方も、簡単に胃腸から吸収できないと意味が …

no image

シーフコイダンと低分子フコイダン

低分子フコイダンがなぜいいかというと、からだがフコイダンを消化するためには、分子量が小さくなくてはならないということです。つまり、からだへの吸収力を大幅にアップしたものが超低分子フコイダンであるシーフ …

no image

シーフコイダンとアミノ酸

シーフコイダンの原料は、新鮮な天然モズクですが、天然モズクは、9種類の必須アミノ酸を含んだ18種類のアミノ酸がたくさん含まれています。健康維持にたいへんいい食品です。 人間の体の中にタンパク質は、人間 …

no image

固体状のフコイダンと添加物

一般的に液体のものを、さらさらの粉末にしたり、錠剤にしたりする工程の中では、かならず添加物が加えられます。たとえば錠剤のものを作るときには結合剤、滑剤、光沢剤が使われます。粉末状の材料に粘り気を持たせ …