シーフコイダン

フコイダンとモズクに必要な三大条件

投稿日:2007年5月18日 更新日:

研究者たちは、より良質のフコイダンを探すために海外に目を向けました。世界中を調査して、汚染の少ない地域や海水のもっとも汚れていない地域を探しただした結果、南太平洋が選ばれました。そして、南太平洋のなかで、モズクの生育環境としてもっとも理想的な場所を探したところ、トンガ王国が発見されました。トンガ王国は一年中、温暖な気候です。また、トンガ王国は赤道に近いので、たくさんの降りそそぐ太陽の光があります。また、トンガ海溝より豊かな栄養とミネラルを含んだ海洋深層水が絶え間なく湧きあがります。流れ込む豊かな栄養とミネラルを含んだ海流、十分な光合成ができる太陽の光、新鮮で栄養豊富な海水、水温が一定している温暖な気候、モズクの生育環境としては最高の場所がトンガ王国です。モズクに絶対に必要な三大条件が奇跡的に合わさっています。トンガ王国はまさにモズクの楽園と呼ぶのにふさわしい自然環境でした。

このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - フコイダンとモズクに必要な三大条件 この記事をクリップ!Livedoorクリップ - フコイダンとモズクに必要な三大条件 Yahoo!ブックマークに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Googleブックマークに追加 FriendFeedで共有

-シーフコイダン

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

シーフコイダンと濃縮液体

シーフコイダンは、濃縮液体であることにこだわっているそうです。理由は食欲のないときも飲むことができます。また、フコイダンは海藻のぬめりに含まれる成分です。できるだけ純度と鮮度を保った上で製品化すること …

no image

イトモズクとオキナワモズク

オキナワモズクが、国内流通の90%以上になっています。不思議なことに、分類学的にはイトモズクとオキナワモズクは同じ種類のものとされています。違いは生態的特長に違いがありますが、イトモズクは、九州より北 …

no image

固体状のフコイダンと添加物

一般的に液体のものを、さらさらの粉末にしたり、錠剤にしたりする工程の中では、かならず添加物が加えられます。たとえば錠剤のものを作るときには結合剤、滑剤、光沢剤が使われます。粉末状の材料に粘り気を持たせ …

no image

低分子フコイダンとシーフコイダン

低分子化されていると吸収率を高めます。トンガ産モズクは、高純度のフコイダンが含まれていますが、ほとんど体の外にそのまま出ていってしまいます。胃腸の弱い人や高齢の方も、簡単に胃腸から吸収できないと意味が …

no image

シーフコイダンとモズクの種類

モズクのフコイダン含有量はどれも同じではありません。沖縄のモズクは他の国内のモズクに比べて4倍も多くフコイダンが含まれています。沖縄を中心に取れる沖縄モズクが、日本国内におけるモズクの約9割を占めてい …