がんの効果

フコイダンとアポトーシスとがん治療

投稿日:2007年5月23日 更新日:

第55回日本癌学界が1996年にありましたが、そのときの発表のフコイダンの抗ガン作用の研究報告で、フコイダンのアポトーシス(Apoptosis)誘導作用が化学者達に注目を浴びたそうです。がん治療といえばいろいろありますが、フコイダンのアポトーシス(Apoptosis)誘導作用が特に代替医療として注目されています。
他の正常な細胞に影響なく、異常細胞であるがん細胞だけを自滅させる働きをアポトーシスといいますが、フコイダンには、じつはアポトーシスとしての作用があります。フコイダンの研究は、日本のみならず、全世界でも論文が数多く発表されています。フコイダンはがん治療の代替医療として、今一番の注目株です
抗がん剤治療は、がん細胞と一緒に正常な細胞も壊してしまいますが、フコイダンはがん細胞だけを自滅させてしまいます。

このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - フコイダンとアポトーシスとがん治療 この記事をクリップ!Livedoorクリップ - フコイダンとアポトーシスとがん治療 Yahoo!ブックマークに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Googleブックマークに追加 FriendFeedで共有

-がんの効果

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

フコイダンとガン細胞の血管新生

フコイダンは、免疫力の強化とガン細胞を消滅させる働きがあるアポトーシス作用があり、アガリクスなどのキノコ類の働きを超えてしまいますが、それ以外にも、新生血管抑制作用という大きな作用があります。 ガン細 …

no image

フコイダンによる癌細胞初期休眠療法

フコイダンが、患部までたどり着いてくれさえすれば、あとは勝手にアポトーシスを引き起こしてくれますので、フコイダンがたどり着きやすい場所かどうかを確認します。腫瘍の大きさや、現在のガンのステージレベルに …

no image

フコイダンと直接接触

フコイダンは、患部に直接、接触しないと効果は期待できないそうです。たとえば、大腸がんや胃がん、食道がん、咽頭癌、舌癌などは、フコイダンを直接的に患部に接触させることが可能なので効果は期待できるそうです …

no image

フコイダンとアポトーシス

人間のからだは、60兆個の細胞で構成されています。60兆個の細胞は新陳代謝によって常に新しい細胞が作られ、古い細胞が死んでいきます。細胞が新しい細胞に入れ替わることで、60兆個の細胞が保たれています。 …

no image

フコイダンとガン

フコイダンは、モズクやワカメ、コンブなどの褐藻類などのヌルヌル成分のなかに含まれる多糖類をいいます。ヌルヌル成分のなかのアルギン酸には、コレステロール吸収抑制作用やラミニンの血圧降下作用があります。 …