がんの効果

フコイダンとアポトーシス作用実例

投稿日:2007年5月26日 更新日:

あるお医者さんの話によりますとフコイダンを処方して、改善された肺がんの患者さんがいらっしゃるということです。このかたの症状によると、フコイダンがよく吸収されて、患部にアポトーシス作用があらわれて、がん細胞を自滅させたことの証明になると思います。
肺がんですから、消化器系のように、フコイダンが直接患部に接触していません。フコイダンは、直接患部に接触しなければ効果はないと思われていましたが、この症例の場合、フコイダンは直接、患部には接触はしていません。それなのにフコイダンを処方することにより腫瘍が小さくなったといえるわけです。
フコイダンを投与している間は、抗がん剤などのほかの治療はしていなかったそうです。しかし、それでも腫瘍マーカーの値が下がり、画像上で見ても、あきらかに腫瘍が小さくなっていたという結果がでたそうです。

このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - フコイダンとアポトーシス作用実例 この記事をクリップ!Livedoorクリップ - フコイダンとアポトーシス作用実例 Yahoo!ブックマークに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Googleブックマークに追加 FriendFeedで共有

-がんの効果

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

フコイダンとガン

フコイダンは、モズクやワカメ、コンブなどの褐藻類などのヌルヌル成分のなかに含まれる多糖類をいいます。ヌルヌル成分のなかのアルギン酸には、コレステロール吸収抑制作用やラミニンの血圧降下作用があります。 …

no image

フコイダンとアガリクス

アガリクスやメシマコブ、複数のきのこから抽出したAHCC、D-フラクションを使用した代替療法は、新聞や雑誌、書籍、マスコミなどから多く取り上げられています。多くの反響があり、それぞれの健康食品に多くの …

no image

フコイダンとガン細胞の血管新生

フコイダンは、免疫力の強化とガン細胞を消滅させる働きがあるアポトーシス作用があり、アガリクスなどのキノコ類の働きを超えてしまいますが、それ以外にも、新生血管抑制作用という大きな作用があります。 ガン細 …

no image

フコイダンと新生血管抑制作用

フコイダンの多くの研究報告から、フコイダンには、ガン細胞が自分勝手にどんどん血管をはりめぐらそうとするガン細胞の血管新生を妨害する働きがあることがわかっています。 最近の研究報告では、ガン細胞は一定の …

no image

フコイダンとアポトーシス誘導作用

フコイダンというと、アポトーシス誘導作用で有名です。アポトーシス誘導作用というのは、古い細胞がお役がすんだので、次の若い細胞へバトンタッチする為に自滅していくことをいいます。そうしながら、古い細胞は、 …