科学的効果

フコイダンと糖鎖の機能

投稿日:2007年5月30日 更新日:

糖鎖は、60兆もの細胞を統一して、一個の生命システム全体の為にきちんと機能していくのに欠かせないものです。そして、糖鎖は細胞についているばかりではなく、じつは体内の蛋白質にも存在しています。蛋白質とともに、この糖鎖もいっしょに機能していることが分かってきたそうです。ホルモンを必要としているときは、ホルモン分泌系に働きかけています。神経細胞にも、もちろん糖鎖は存在していますので、神経情報を伝えるのにも欠かせないのが糖鎖です。フコイダンが、驚くほどにガン抑制効果をあげていることを解明するには、糖鎖の分析解明も重要な研究のひとつになっています。ガンに打ち勝つ重要な働きをしていると思われます。
現代病の予防にも大切な糖鎖は、昔の人と比べると現代人の細胞には、少なくなってきています。その原因として考えられるのは、防腐剤や着色料などの化学物質が体内に入り糖鎖の結合を壊しています。ストレスも原因のひとつにあげられています。

このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - フコイダンと糖鎖の機能 この記事をクリップ!Livedoorクリップ - フコイダンと糖鎖の機能 Yahoo!ブックマークに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Googleブックマークに追加 FriendFeedで共有

-科学的効果

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

フコイダンと硫酸基の結合

フコイダンの硫酸基とは硫酸の元になっている物質ですが、硫酸が劇薬であるのに対して硫酸基単体ではまったく無害の物質。特質として、ヌルヌル状の状態をつくり出します。 フコイダンの硫酸基の結合とは、フコース …

no image

高分子フコイダンと低分子フコイダン

高分子フコイダンと低分子フコイダンがどちらが効果がるのか、マウスによる経口投与の実験結果があります。経口投与とはマウスの口からスポイトでフコイダンを飲ませます。マウスに2.0gの癌細胞を移植します。そ …

no image

フコイダンとフコース

フコース(fucose)の名前の由来は、ヒバマタという海藻の細胞壁多糖類であり、コンブやワカメ、モズクのネバネバ成分として有名なフコイダンで発見されたので、フコースと呼ばれています。 フコース(fuc …

no image

フコイダンの吸収

腸に送られたフコイダンの一部は、腸の表面近くにM細胞という細胞があって、このM細胞で吸収されます。フコイダンは高分子であるために、M細胞にとって、フコイダンは異物とみなされてしまい、吸収されてしまいま …

no image

フコイダンと化学的構造

フコイダンはアポトーシスを持ち、がんに対して効果があるのではないかと、世界中の科学者に注目されています。その注目のフコイダンとはどんな成分で、どのような構造なのでしょうか。フコイダンは、モズクやコンブ …