シーフコイダンとモズク

2007年3月8日 4:18 PM | 20シーフコイダン | コメント(0)

スーパーに置いてある、お馴染みのモズクは、強いヌメリがあります。酢の物に料理すると、ほのかな磯の香りがただよいます。モズクはなめらかな舌ざわりがここちよいのが特徴です。酢味噌や辛子味噌で食べてもおいしく、酒のつまみなどに喜ばれている食品です。モズクを沸騰した湯をかけると青色が変わります。
モズクは褐藻類モズク科の海藻です。地域によってモゾコ、モウゾコと呼ばれています。モズクは、粘り気がたくさんあります。よく見てみると糸状で複雑に分かれています。長さは30センチあったとしても、太さは元の部分で1ミリしかありません。モズクはホンダワラのような大きい海藻に付着しています。
モズクは、九州や本州の沿岸で、潮が引く一帯や低潮線などに見られます。春から夏にかけて、波が静かなところに自生しています。

このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - シーフコイダンとモズク この記事をクリップ!Livedoorクリップ - シーフコイダンとモズク Yahoo!ブックマークに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Googleブックマークに追加 FriendFeedで共有

コメントを残す

初心者向け出会い系