シーフコイダンの製品化

2007年3月7日 4:17 PM | 20シーフコイダン | コメント(0)

シーフコイダンの製品化の過程を説明します。まず、ダイバーが海から取ってきたモズクは、すぐに現地で加工されます。それから、新鮮なモズクが日本へと送られます。日本の工場で、フコイダンと呼ばれるモズクエキスを抽出します。新鮮なモズクは、熱交換機で殺菌されます。その後メッシュフィルターでろ過します。これで不純物が完璧に取り除かれます。
製品を入れるビンは、最初に洗瓶機できれいに洗浄します。そのあと乾燥させます。一定速度でビン一本一本に、均等に充填していきます。ビンを傷つけないよう、ラベルを貼るラベリングも手作業で行います。この後に、検瓶を行って不良品を除きます。最終検査では、キャップやラベルに異常がないかを確認します。最終検査を通過したものから、箱詰めをしていきます。

このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - シーフコイダンの製品化 この記事をクリップ!Livedoorクリップ - シーフコイダンの製品化 Yahoo!ブックマークに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Googleブックマークに追加 FriendFeedで共有

コメントを残す

初心者向け出会い系