フコイダンと吸収力

2007年3月3日 4:30 PM | 10フコイダン | コメント(0)

フコイダンの吸収力を高めることができるということはとても大切なことです。たとえいい良質のフコイダンであっても、体内で吸収することができなければ、患部までたどりつくことができません。
胃腸の弱い患者さんやお年寄りの方でも、吸収力をよくするためには、フコイダン成分を低分子化することが大切です。
フコダインの分子量が大きすぎて、体内に3%しか取り込めないのでしたら、そのフコダインの効果は、3%分の価値しかないことになります。
フコダインの容量が多いにこしたことはありませんが、大切なのは、摂取するフコダインが、低分子加工されているかということです。低分子化の技術があれば、フコイダンが直接触れない部分の患部に対して効果が認められるはずです。

このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - フコイダンと吸収力 この記事をクリップ!Livedoorクリップ - フコイダンと吸収力 Yahoo!ブックマークに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Googleブックマークに追加 FriendFeedで共有

コメントを残す

初心者向け出会い系