フコイダンの区分

2007年3月29日 4:17 PM | 10フコイダン | コメント(0)

フコイダンは、製品化されたものは、加工法によって、高分子フコイダンと低分子フコイダンに区分されます。フコイダンはもともと高分子多糖類に分類されています。
高分子多糖類とは、分子が非常に強く結合して壊れにくいものをいいますが、フコースやガラクトース、マンノース、キシロースなどの分子が強く結合されています。
フコイダンは高分子なので、人間への体内への吸収が悪いので低分子化することで吸収をよくしょうとする話しもあります。低分子化するとフコイダンの分子構造をくずすことになります。フコイダンの分子構造がくずれると正確な意味でのフコイダンでないかもしれません。
フコイダンの分子構造の大きな特徴は、硫酸基を含むことです。この硫酸基結合量がフコイダンとしての大きな意味を持っています。

このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - フコイダンの区分 この記事をクリップ!Livedoorクリップ - フコイダンの区分 Yahoo!ブックマークに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Googleブックマークに追加 FriendFeedで共有

コメントを残す

初心者向け出会い系