フコイダンと腸の吸収

2007年4月21日 5:26 PM | 10フコイダン | コメント(0)

毎日たくさんの量のモズクを食べたとしても、人間の腸には、フコイダンを分解するための酵素が備わっていません。せっかくのフコイダンも、吸収されずに排出されてしまいます。吸収されるかされないかは、フコイダンの分子の大きさによるものです。
人間の腸が、吸収できる分子の大きさは、約3千から4千といわれています。フコイダンは、分子の大きさが20万から100万もある超高分子物質です。通常の食べ物なら、高分子状態でも、胃腸で細かく分解、消化して、分子を小さくすることで吸収していきます。
しかし、人間の腸には、フコイダンを分解、消化 するための酵素が備わっていないため、フコイダンを吸収することができずに、ほとんどが便として排出されます。フコイダンを、できるだけ無駄のないように吸収するためには、フコイダンの分子をはじめから細かくしておく必要があります。

このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - フコイダンと腸の吸収 この記事をクリップ!Livedoorクリップ - フコイダンと腸の吸収 Yahoo!ブックマークに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Googleブックマークに追加 FriendFeedで共有

コメントを残す

初心者向け出会い系