フコイダンの純度の判断

2007年4月17日 4:27 PM | 10フコイダン | コメント(0)

フコイダンの純度は、フコイダンに含まれている硫酸基 (りゅうさんき)という物質の結合量 から判断するのが本当です。「硫酸基」とは、硫酸の基になる成分です。
硫酸といえば身体が溶けてしまうイメージを持っていらっしゃる方もいるかもしれませんが、「硫酸基」単体では全く無害な成分です。「硫酸基」自体は、私たちの胃の中には最初から備わっています。胃の粘膜を覆っている成分が硫酸基です。
最近の研究成果では、この硫酸基がフコイダンにとって、とても重要な役割を果たすと言われています。この硫酸基の結合量が少なかったとしても、とうぜんフコイダンであることに変わりはありませんが、硫酸基の結合量が足らないフコイダンが、たくさん入っていたとしても、有用なフコイダンではありません。

このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - フコイダンの純度の判断 この記事をクリップ!Livedoorクリップ - フコイダンの純度の判断 Yahoo!ブックマークに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Googleブックマークに追加 FriendFeedで共有

コメントを残す

初心者向け出会い系