シーフコイダンとフコキサンチン

2007年4月26日 5:36 PM | 20シーフコイダン | コメント(0)

フコキサンチンというのが、フコイダンとともに注目を集めています。フコキサンチンは、ひじきやワカメ、昆布というような褐藻類にだけ含まれている赤褐色のカロテノイドの一種です。カロテノイドは、ニンジンの黄色色素であるカロチンや、植物や動物など自然界に幅広く存在している黄色や赤色の天然色素群のことをいいます。カロテノイドという名前は、このニンジンのキャロットの黄色色素に由来しているといわれています。 このカロテノイドには、酸素と結合しやすいという特徴があります。この酸化しやすい性質による優れた作用が一般的に知られています。この活性酸素に働きかける代表的な成分のひとつがカロテノイドです。 動物は、これらの重要な物質を体内で生産することができません。食物から摂取しなければなりません。カロテノイドやフコキサンチンをうまく体内に取り入れることが、私たちの健康のために重要なことです。

このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - シーフコイダンとフコキサンチン この記事をクリップ!Livedoorクリップ - シーフコイダンとフコキサンチン Yahoo!ブックマークに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Googleブックマークに追加 FriendFeedで共有

コメントを残す

初心者向け出会い系