フコイダンと西洋医学の限界

2007年4月30日 4:24 PM | 50フコイダン療法 | コメント(0)

がんの治療法は手術や放射線、化学療法が中心となっています。これらはいわゆる西洋医学的療法と呼ばれているものですが、これ以外の療法を代替療法や補完療法と呼ばれています。フコイダンも代替療法や補完療法の一つになると考えていいと思っています。フコイダンは知名度も一般的にはまだ低いと思いますが、代替医療や健康食品の分野のなかで注目される素材のひとつとなっています。特に、悪性細胞を自滅させるアポトーシス作用や、がん細胞が自らの栄養補給路確保のため新たに血管を作ることを抑える新生血管抑制作用や、免疫力強化機能があげられています。この三つの作用は、フコイダンの三大有用性と言われています。今の西洋医学では、抗がん剤や放射線による副作用の大きさが問題になっていますし、西洋医学の治療効果の限界が問われています。

このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - フコイダンと西洋医学の限界 この記事をクリップ!Livedoorクリップ - フコイダンと西洋医学の限界 Yahoo!ブックマークに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Googleブックマークに追加 FriendFeedで共有

コメントを残す

初心者向け出会い系