フコイダンと抗ガン剤

2007年5月1日 4:53 PM | 30がんの効果 | コメント(0)

現在のガン治療法は手術や放射線、化学療法が中心となっています。この三大療法は免疫力をたいへん低下させています。私は病気の原因は生活習慣によるものだと思っています。しかし、直接の病気の引き金は免疫力の低下です。免疫力の低い状態で抗がん剤や放射線治療、化学治療を行なうと、ますます免疫機能は低下していってしまいます。ガンをやっつける免疫力の主役であるリンパ球のなかのNK(ナチュラル・キラー)細胞は、からだのなかを巡回して、ガン細胞を見つけてはやっつけてくれるのですが、抗ガン剤は、このガン細胞と戦ってくれるリンパ球を一番最初にやっつけてしまいます。要するに抗ガン剤は、敵と味方の区別がつきません。そのため免疫力は低下してしまいます。抗ガン剤はガン細胞を縮小するように働きかけますが、逆にガン細胞が増殖しやすい状態を作っています。

このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - フコイダンと抗ガン剤 この記事をクリップ!Livedoorクリップ - フコイダンと抗ガン剤 Yahoo!ブックマークに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Googleブックマークに追加 FriendFeedで共有

コメントを残す

初心者向け出会い系