シーフコイダンとモズクの種類

2007年5月3日 5:43 PM | 20シーフコイダン | コメント(0)

モズクのフコイダン含有量はどれも同じではありません。沖縄のモズクは他の国内のモズクに比べて4倍も多くフコイダンが含まれています。沖縄を中心に取れる沖縄モズクが、日本国内におけるモズクの約9割を占めています。沖縄モズクによって沖縄を日本一の長寿県にしたといってもおかしくありません。沖縄モズクは沖縄の人の長寿を支えてきた食材のひとつです。沖縄モズクは本土に生息しているモズクとは種類が異なります。
また、南太平洋諸島のトンガ王国で採れるモズクは沖縄モズクの約2~3倍のフコイダンを含んでいることがわかってきました。南太平洋諸島の海はミネラルが多く含まれていることが知られています。そのミネラルたっぷりのトンガ海溝の上昇水の中で太陽の光をいっぱい浴びて成長した、良質のモズクがトンガ王国産モズクです。トンガ王国産モズクは、この海域にのみ育成できる稀小種で、分類学的には、この海域だけに存在する新種である可能性が非常に高いそうです。

このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - シーフコイダンとモズクの種類 この記事をクリップ!Livedoorクリップ - シーフコイダンとモズクの種類 Yahoo!ブックマークに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Googleブックマークに追加 FriendFeedで共有

コメントを残す

初心者向け出会い系