シーフコイダンと液状フコイダン

2007年5月4日 5:56 PM | 20シーフコイダン | コメント(0)

固体状のフコイダンよりも、分子量が小さい液体状フコイダンの方が3倍以上吸収しやすいといわれています。また、液体状フコイダンの方が早くからだのなかに吸収されやすいそうです。固体状のフコイダンはどうしても純度が下がってしまいます。不純物が増えてしまいますので、せっかくのフコイダンの力を減らしてしまうことになるそうです。固体状のフコイダンに比べて、液体状フコイダンは純度と濃度をあげることができます。フコイダンの力が発揮できます。たとえ直接フコイダンが触れない部位でも、腸などでフコイダンが吸収されて、血液を通してその部位まで届きます。そのため、吸収効率がいい製品の方が改善率がいい製品とされています。 病気が進んで、食欲が落ちている方は体全体の吸収力や免疫力も落ちてきています。また、体力が落ちると、飲み込む力も落ちてきます。液体状フコイダンの方が飲みやすいと思います。

このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - シーフコイダンと液状フコイダン この記事をクリップ!Livedoorクリップ - シーフコイダンと液状フコイダン Yahoo!ブックマークに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Googleブックマークに追加 FriendFeedで共有

コメントを残す

初心者向け出会い系