固体状のフコイダンと純度

2007年5月7日 5:39 PM | 20シーフコイダン | コメント(0)

添加物を加えるほど、科学的な工程を加えるほど、フコイダンの純度は落ちます。新鮮さもなくなります。製品にフコイダン以外のものを加えた分だけ、フコイダンの純度は落ちてしまうのはあたりまえです。粗悪な製品の場合、製品の80%以上が、フコイダンとは関係のない添加物だったということもあるみたいです。このような添加物は好んで口に入れたいとは思いません。取らずに済むなら、取らないほうがいいと思います。できるだけ余計なものを加えず、天然の成分にいちばん近い状態が一番ベストだと思います。吸収というと、普通は小腸を想像してしまいますが、じつは口の中や、舌下の粘膜も吸収器官のひとつになっています。液体状フコイダンは、この部分での吸収が期待できます。そのことも液体成分ならではのメリットだと考えることができます。

このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 固体状のフコイダンと純度 この記事をクリップ!Livedoorクリップ - 固体状のフコイダンと純度 Yahoo!ブックマークに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Googleブックマークに追加 FriendFeedで共有

コメントを残す

初心者向け出会い系