良質なフコイダンと分子の大きさ

2007年5月11日 3:55 PM | 10フコイダン | コメント(0)

通常3000から4000ぐらいの分子の大きさが、人が食べ物を歯で噛み砕いて、胃で溶かし、胃腸で吸収される大きさといわれています。その3000から4000の分子の大きさでさえ腸で吸収されるのは、全体の4から5%でしかありません。残りの95%は便となって排泄されてしまいます。もともと高分子で分子の大きさが20万もあるフコイダンはからだには吸収されないのです。分子の大きさが20万もあるフコイダンを、特殊な技術を使って、なんと分子の大きさが500というものすごく小さな低分子、超低分子に加工しているのです。この超低分子フコイダンは、人間が吸収する分子の大きさの6分の1なので、驚くほどの人体吸収率を誇っています。通常フコイダンの名前で売っている分子の大きさが20万もある高分子のフコイダンとは、明らかに吸収力が違います。

このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 良質なフコイダンと分子の大きさ この記事をクリップ!Livedoorクリップ - 良質なフコイダンと分子の大きさ Yahoo!ブックマークに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Googleブックマークに追加 FriendFeedで共有

コメントを残す

▲ ページトップへ

初心者向け出会い系