フコイダンの化学組成

2007年5月20日 4:10 PM | 40科学的効果 | コメント(0)

多くの研究から、モズクには昆布やメカブより純粋に多くのフコイダンを含んでいることが分かっています。不純物の心配が少ないため、モズクから多くのフコイダンを取り出すことに成功しています。研究データーでは、モズクには、昆布の5倍以上の良質なフコイダンが含まれていることも分かっています。また、モズクに関するいろいろな調査の結果、モズク類のなかでもオキナワモズクにフコイダンが一番多く含まれていることが分かりました。オキナワモズクは、養殖技術が進んでいて大量に供給が可能です。また、フコイダンの品質も良質です。そのため、流通しているフコイダンの多くは、オキナワモズクを原料にしているものが多いです。フコイダンの化学組成も明らかになっており、全糖、ウロン酸、灰分、硫酸、水分です。その構成糖の大部分はL-フコースとわずかに含まれるD-キシロースということです。

このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - フコイダンの化学組成 この記事をクリップ!Livedoorクリップ - フコイダンの化学組成 Yahoo!ブックマークに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Googleブックマークに追加 FriendFeedで共有

コメントを残す

初心者向け出会い系