フコイダンと人間の消化のメカニズム

2007年5月21日 4:10 PM | 40科学的効果 | コメント(0)

フコイダンと呼ばれる製品はたくさんありますが、すべての製品が、身体に良いかということができません。じつはほとんどの製品に使われているフコイダンは、人間の身体のなかに吸収されることなく、実に95%以上がからだの外に排出されています。どうして95%以上もからだの外に排出されてしまうかというと、人間の消化機能に問題があります。人間の消化のメカニズムは、複雑な運動や消化液、消化酵素、腸内細菌による分解などを通して、固形食物を吸収できる栄養素にまで分解することから始まります。要するに、固形の食物を、どろどろにして、身体のなかに吸収できる状態にしていきます。どろどろの液体の状態になって、はじめて吸収されるようになりますが、残念なことに人間には、モズクなどの海藻類を分解する酵素を持ち合わせていません。モズクなどの海藻類は、吸収できる前の状態にすることができません。

このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - フコイダンと人間の消化のメカニズム この記事をクリップ!Livedoorクリップ - フコイダンと人間の消化のメカニズム Yahoo!ブックマークに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Googleブックマークに追加 FriendFeedで共有

コメントを残す

▲ ページトップへ

初心者向け出会い系