フコイダンと貝類の酵素

2007年5月22日 4:11 PM | 40科学的効果 | コメント(0)

単純にモズクや昆布などを、きちんと加工されていないフコイダンを摂取しても、ほとんど吸収されずに、からだの外に排出されてしまうということになりますが、自然界にはモズクや昆布を食べている生物が存在しています。その生物はなにかというと、サザエやアワビなどの貝類です。サザエやアワビには、人間が持っていないモズクや昆布などの海藻類を消化する酵素を持っているそうです。貝類の酵素を使ってモズクを分解することで、人間が吸収できることのできるフコイダンを作ることができたそうです。さらに吸収をよくするために、特別な技術をつかって、フコイダンの低分子化も成功しています。といってもなんでも低分子にすれば良いというものではないそうです。人間のからだのなかにおいて、一番良い状態にするような特殊な技法が使われているそうです。

このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - フコイダンと貝類の酵素 この記事をクリップ!Livedoorクリップ - フコイダンと貝類の酵素 Yahoo!ブックマークに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Googleブックマークに追加 FriendFeedで共有

コメントを残す

初心者向け出会い系